ヒレグロコショウダイ

ヒレグロコショウダイの生物写真

体長40cm前後になる。体側に黒い筋があるが腹部にはない。体高が低い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目イサキ科コショウダイ属
外国名
Lesson's thicklip
学名
Plectorhinchus lessonii (Cuvier)
漢字・由来
漢字 鰭黒胡椒鯛
由来・語源 各鰭に黒い帯や斑紋があって目立つため。
地方名・市場名
ヤーバンクレー/沖縄県石垣島。「や」は家という意味で根(魚などがつく岩場など)のこと、「ばん」は「番」のことか。根につく魚であるために、「家の番をしている」ようだから。

概要 ▽

生息域

海水魚。浅い岩礁域、サンゴ礁域。
伊豆諸島、小笠原諸島、伊豆半島東岸・西岸、八丈島、和歌山県串本、高知県柏島、(宮崎県日南市油津)、薩摩半島西岸、屋久島、琉球列島、南大東島、尖閣諸島。台湾、東沙諸島、西沙諸島、南沙諸島、インド-西太平洋、パラオ諸島、サモア諸島。

生態

基本情報

主に屋久島から琉球列島、小笠原諸島などにいる小型のコショウダイ属の魚、
沿岸の浅い岩礁域にいてときどき定置網などに入る。
磯臭い個体があるので好んで利用している地域は少ないかも。

水産基本情報

市場での評価 関東には来ない。産地でも量的に非常に少ないと思われる。安い。
漁法 定置網
産地 沖縄県、宮崎県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は夏だと思われるが、沖縄などでのことは不明。
鱗は細かいが硬くやや取りにくい。皮は厚くて丈夫。骨はやや硬い。
血合いが美しい透明感のある白身で煮たり焼いたりしても硬く締まらない。
しばしば磯臭みの強い個体がある。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法 生食(刺身、カルパッチョ、セビチェ)、塩焼き、煮つけ
生食◆熱を通す料理よりも生の方が臭味を感じなくてすむ。上質な身で甘味もある。臭味さえなければ美味。
塩焼き◆焼いても硬く締まらない。あまり強く臭味を感じないのもいい。
煮つけ◆上質の身で非常に味がいいが、磯臭みが強く出る。
生食。熱を通す料理よりも生の方が臭味を感じなくてすむ。上質な身で甘味もある。臭味さえなければ美味。
ヒレグロコショウダイの塩焼き塩焼き。焼いても硬く締まらない。あまり強く臭味を感じないのもいい。
ヒレグロコショウダイの煮つけ煮つけ。上質の身で非常に味がいいが、磯臭みが強く出る。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/ねこや商店(宮崎県日南市油津)、秋田雄一(沖縄県水産海洋技術センター石垣支所)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ