タカサゴヒメジ

タカサゴヒメジの生物写真

体長30センチ前後になる。体側に目立った斑紋はなく第一背鰭下に濃い赤みを帯びた斑紋があり、測線上にコバルトブルーの小点がある。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ヒメジ科ウミヒゴイ属
外国名
Barface goatfish
学名
Parupeneus heptacanthus (Lacepede)
漢字・由来
漢字 高砂比売知
由来・語源 高砂は台湾のことであり、南方という意味合いも持つ。熱帯(南方)に多いヒメジという意味合い。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。南日本。〜インド・太平洋域。
珊瑚礁外縁、浅い岩礁域。

生態

基本情報

関東では大型ヒメジ類の中ではやや小ぶりで量的にもっとも少ないもの。
他のヒメジと混同されて取引されている。
関東ではフレンチなどで利用されるもので徐々に評価が高まってきている。

水産基本情報

市場での評価 大型ヒメジ類のなかのひとつ。やや高値。
漁法 刺し網、定置網、釣り
産地 沖縄県、和歌山県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

身に張りのあるもの。体色の鮮やかなもの、濃いもの。

味わい

年間を通してあまり味が変わらない。
鱗は大きく薄く取りやすい。
皮は厚く独特の風味がある。
透明感のある白身でまったくクセがない。
皮、骨などからいいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

旧ページ内容

[以下古い記載が含まれている可能性があります]
■ 斑紋がないのでオキナヒメジなどとの区別はたやすい。オキナヒメジ、ホウライヒメジ、タカサゴヒメジ、本種は外見こそ多少の違いがあるものの、食材、身質ともにまったく区別がつかない。
これらと本種は第一背びれの下の赤褐色の斑文であるが、鮮度が悪くなると消失する。
■ 生でも熱を通しても美味。刺身にするなら皮霜造りにして皮の風味旨味を生かす。またポワレ、ムニエルなどにしても蒸してもうまい。

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ