オキナヒメジ

オキナヒメジの生物写真

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ヒメジ科ウミヒゴイ属
外国名
Blackspot goatfish
学名
Parupeneus spilurus (Bleeker,1854)
漢字・由来
漢字 翁比売知
由来・語源 田中茂穂の命名。白い髭からの連想だと思われる。
地方名・市場名
アカゴイ、アカコイ(赤コイ)/長崎県五島
メン/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協
メンドリ/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協
オキベニサシ、クチグワータカシ、

概要 ▽

生息域

海水魚。
茨城県〜九州南岸・屋久島の太平洋沿岸、八丈島、小笠原諸島、
[少ない]青森、岩手、新潟県〜九州沿岸、琉球列島。
済州島、台湾、フィリピン諸島、インドネシア、オーストラリア西岸・東岸〜トンガ。

生態

基本情報

大型ヒメジ類、特にホウライヒメジなどに混ざって入荷してくる。
ホウライヒメジと比べると少ない。
年々評価を上げてきており、フレンチなどでは定番的なものとなっている。
←オキナヒメジは斑紋が中心を走る測線の上まで、測線を超えない
←ホウライヒメジは斑紋が測線を超える

水産基本情報

市場での評価 入荷量は少ない。一定の評価のない魚であって高い安いがあったが、近年やや高値となっている。
漁法 定置網、釣り
産地 三重県、東京都、和歌山県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

身に張りのあるもの。体色の鮮やかなもの、濃いもの。

味わい

年間を通してあまり味が変わらない。
鱗は大きく薄く取りやすい。
皮は厚く独特の風味がある。
透明感のある白身でまったくクセがない。
皮、骨などからいいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

生でも熱を通しても美味な魚。刺身にするなら皮霜造りにして皮の風味旨味を生かすといい。また3枚に卸したものをムニエルやポワレにもできる。長崎天ぷら(衣に砂糖、しょうゆなどで味つけした。フリッターのようなもの)、中華蒸し物にも向いている。
オキナヒメジのポワレオキナヒメジのポワレ
オキナワヒメジの皮霜造り皮霜造り

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ