アツエゾボラ

アツエゾボラの生物写真

殻高12センチ前後になる。貝殻が厚く硬い。なで肩のものが多いが、方が張り、エゾボラのように鰭状に貝殻が立つことがある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱真腹足目エゾバイ科エゾボラ属
外国名
英名/Whelk
学名
Neptunea heros (Gray,1850)
漢字・由来
漢字 厚蝦夷法螺
由来・語源 「法螺」は巻き貝のこと。「蝦夷」は現在の北海道など北国を表す。「厚」は貝殻に厚みがあって硬いため。
地方名・市場名
岩のように硬いため、イワツブ。
BツブはエゾボラをAつぶと言うのに対して。
マツブとも。

概要 ▽

生息域

海水生。銚子、以北、北海道〜ベーリング海。
水深180メートル〜500メートル。

生態

基本情報

ツブ自体がまだまだ北国以外では馴染みがない。
なかでもアツエゾボラは一般に販売されている割りに認知度は非常に低い。
ただし、首都圏などのスーパー、デパートなどでときどき売られている。

水産基本情報

市場での評価 ツブのなかでは比較的安いもの。入荷量は多くも少なくもない。
漁法 カゴ漁
産地 北海道

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。持ち重りして、蓋などを触ってよく動く、もしくは急激に引っ込むもの。

味わい

旬は春〜夏。
足(刺身にする部分)はクセがなく、貝特有の臭みもないが、黄色味が強い。
甘みがあり、食感もいい。
ワタなどから濃厚なだしがでる。
含まれる毒・テトラミンについて
■ 足を割るとクリーム色の柔らかなゼリー状の物体がある。これが唾液腺。ここにテトラミンが含まれている。
■ 主にNeptunea(エゾボラ属)の巻き貝の唾液腺に含まれる。
■ Neptunea(エゾボラ属)以外にはスルガバイ(エゾバイ科エゾバイ属Buccinumのスルガバイ、フジツガイ科のアヤボラなどにも含まれる。
■ 発症する唾液腺の量は個人差がある。
■ 食べると後頭部の激しい痛み、目眩、酒に酔ったような状態になり、吐き気、眼底の痛みをともなう。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 刺身、酒蒸し、煮つぶ
刺身は甘みがあり、食感もよくて非常にうまい。
ただし色合いに気が強いのが欠点。
他には酒蒸しや、煮貝。
アツエゾボラの刺身刺身は絶品。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ