新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「アオヤガラ」はこちら >>
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区側
棘鰭上目スメグマモルフ系トゲウオ亜系トゲウオ目ヨウジウオ亜目ヤガラ科ヤガラ属
アオヤガラ
Fistularia commersonii Rüppell
その他のトゲウオ目の魚へはここから!
後部測線上にある突起した(とびだした凸凹したウロコ)ウロコは低い台形。なでても強くひっかからない。
魚貝の物知り度/★★ 知っていると達人級
食べ方◆ 塩焼き/刺身/吸い物
○美味
市場での評価・取り扱われ方◆市場への入荷は皆無に近い。産地では食用魚だが、それでも安い。
アオヤガラの基本◆
■トゲウオ目では数少ない食用魚。
■アカヤガラと比べてまずいとされており、産地でも取り扱い、値段も低い。●アカヤガラへ
食用ではないとされていたこともある。
古くはアカヤガラとともに乾燥させて腎臓病や喘息(ぜんそく)の薬にされた。
生息域◆本州中部以南。太平洋の暖海。
生態◆
■浅い岩礁域、砂地などが混ざり合うところに生息。
■スポイト状の口で小魚などをとらえている。アカヤガラよりもより浅い場所にいるように思える。
大きさ◆1メートル前後になる。
漁獲方法◆釣り/定置網
漢字◆「青矢柄」。
由来◆相模湾江ノ島での呼び名。青みがかり、矢柄(やがら 矢の長い柄の部分)に似て細長い。
呼び名・方言◆「ヒフキ」、「ヤガラ」、「ヒヒフチャー」。
釣り◆防波堤釣りなどで、釣れる。エサは小魚。
◆食べてみる◆
 アカヤガラと比べると小型のようで、市場に紛れ込んでいるのも50~60センチ前後。身はほとんどない。
 大きいものはうまい。
 刺身にして旨味は少ないけど、身質がいい。昆布締めなどにしてうまい。
 小型のものは仕方なくみそ汁に入れたり、頭を落として干物にする。塩焼き、干物は美味だし、煮つけみそ汁も決して味は悪くない。
●静岡県沼津市、沼津魚市場
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
■は私見、市場魚貝類図鑑のデータベースから
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
●参考/『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ