ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

アオヤガラ(英名/Cornet fish,Flute mouth)

学名:Fistularia commersonii Rüppell

アオヤガラの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長1.5メートル前後になる。棒状で非常に細長く、青味を帯びている。後部測線上にある突起した(とびだした凸凹したウロコ)ウロコは低い台形。なでても強くひっかからない。

アオヤガラの形態写真

体長1.5メートル前後になる。棒状で非常に細長く、青味を帯びている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区側棘鰭上目スメグマモルフ系トゲウオ亜系トゲウオ目ヨウジウオ亜目ヤガラ科ヤガラ属
    外国名
    英名/Cornet fish,Flute mouth
    学名
    Fistularia commersonii Rüppell
    漢字・由来
    漢字 青矢柄、青簳魚
    由来・語源 神奈川県江ノ島での呼び名。青簳(矢の棒状の長い部分)のように細長い魚で、青いという意味。
    地方名・市場名
    ヒヒフチャー、フエフキ、ヤカラ、ヤガラ。
    生息域
    海水魚。沿岸の浅い岩礁域、サンゴ礁域。
    北海道〜九州の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、瀬戸内海、種子島、屋久島、沖縄。朝鮮半島南岸、済州島、山東省〜広東省の中国沿岸、台湾、インド・太平洋域、地中海東部。
    生態
    ■ 浅い岩礁域、砂地などが混ざり合うところに生息。
    ■ スポイト状の口で小魚などをとらえている。アカヤガラよりもより浅い場所にいるように思える。
    基本情報
    食用として出回らない。
    水産基本情報
    市場での評価 ほとんど流通しない。一定の評価はない。
    漁法 定置網
    主な産地
    選び方
    触って硬いもの。
    味わい
    硬くしまった白身で、まったくクセがない。
    アカヤガラとくらべると脂がのっていることがなく、旨みがやや少ない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 干物、唐揚げ、刺身
    軽く干して焼くとなかなか味がいい。
    単に塩焼きよりも上。
    唐揚げも美味。
    刺身にすると食感が強く、うまい。
    アオヤガラの刺身刺身
    アオヤガラの一夜干し
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    防波堤釣りなどで、釣れる。エサは小魚。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「アオヤガラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ