テンジクダツ属

Classification Tylosurus Cocco, 1833

ダツ目(Beloniformes)について


Family Adrianichthyidae Weber, 1913 メダカ科
Family Belonidae Bonaparte, 1835 ダツ科
Family Exocoetidae Risso, 1827 トビウオ科
Family Hemiramphidae Gill, 1859 サヨリ科
Family Scomberesocidae Bleeker, 1859 サンマ科

ダツ科(Belonidae)について


Genus Ablennes Jordan & Fordice, 1887 ハマダツ属
Genus Platybelone Fowler, 1919 ヒメダツ属
Genus Strongylura van Hasselt, 1824 ダツ属
Genus Tylosurus Cocco, 1833 テンジクダツ属

テンジクダツ属について

漁港で廃棄されるテンジクダツ

国内にはテンジクダツ(Tylosurus acus melanotus)とオキザヨリ(Tylosurus crocodilus crocodilus)の2種が生息する。
西太平洋にTylosurus gavialoides、紅海にTylosurus choram 、中部太平洋〜南アメリカ大陸北部〜カリフォルニア湾にTylosurus pacificus、西太平洋・オーストラリアにTylosurus punctulatusなど。

ダツ科のなかでも大型になり、比較的よく利用されている。本州などではあまりまとまって取れなかったのが、たくさん揚がるようになってきている。


テンジクダツ属に属する仲間一覧

サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト