ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

カワアナゴ属

Classification Eleotris Gronovius, 1763

カワアナゴ科について

カワアナゴの頭部 スズキ目(Perciformes)ハゼ亜目(Gobioidei )カワアナゴ科(Eleotridae)でカワアナゴ亜科(Eleotrinae)とノコギリハゼ亜科(Butinae)の2亜科に分かれている。
 カワアナゴ亜科にはエリトゲハゼ属(Belobranchus)、クモガクレ属(Calumia)、カワアナゴ属(Eleotris)、タナゴモドキ属(Hypseleotris)、タメトモハゼ(Ophieleotris)の5属。
 ノコギリハゼ亜科にはジャノメハゼ属(Bostrychus)、ノコギリハゼ属(Butis)、ホシマダラハゼ属(Ophiocara)の3属。

カワアナゴ属について

 大きな分類のレベルではハゼの仲間(ハゼ亜目)になる。スズキ目(Perciformes)ハゼ亜目(Gobioidei )カワアナゴ科(Eleotridae)カワアナゴ亜科(Eleotrinae)カワアナゴ属(Genus: Eleotris)にはカワアナゴ〈Eleotris oxycephala Temminck & Schlegel, 1845〉、チチブモドキ〈Eleotris acanthopoma Bleeker, 1853〉、オカメハゼ〈Eleotris melanosoma Bleeker, 1852〉、テンジクカワアナゴ〈Eleotris fusca (Bloch & Schneider) 〉の4種がいる。
 食用となっているのを確認済みなのはカワアナゴだけで、岡山県南部のみ(2017年8月現在)。

カワアナゴ属に属する仲間一覧