カワアナゴ属

Genus Eleotris Gronovius, 1763

スズキ目(Perciformes)について

沖縄の水揚げで揚がるほとんど総てガスズキ目

食用魚のほとんどがスズキ目。他の目すべてを合わせよりも種数は多いと思う。
鰭、棘などが発達した高等な魚類。
Suborder Acanthuroidei/ニザダイ亜目
Suborder Blennioidei/ギンポ亜目
Suborder Callionymoidei/ネズッポ亜目
Suborder Caproidei/ヒシダイ亜目
Suborder Gobiesocoidei/ウバウオ亜目
Suborder Gobioidei/ハゼ亜目
Suborder costeoidei/イレズミコンニャクアジ亜目
Suborder Labroidei/ベラ亜目
Suborder Mugiloidei
Suborder Percoidei/スズキ亜目
Suborder Scombroidei/サバ亜目
Suborder Scombrolabracoidei/ムカシクロタチ亜目
Suborder Sphyraenoidei
Suborder Stromateoidei/イボダイ亜目
Suborder Trachinoidei/ワニギス亜目
Suborder Xiphioidei/カジキ亜目
Suborder Zoarcoidei/ゲンゲ亜目

カワアナゴ科について

カワアナゴの頭部

スズキ目(Perciformes)ハゼ亜目(Gobioidei )カワアナゴ科(Eleotridae)でカワアナゴ亜科(Eleotrinae)とノコギリハゼ亜科(Butinae)の2亜科に分かれている。

カワアナゴ亜科にはエリトゲハゼ属(Belobranchus)、クモガクレ属(Calumia)、カワアナゴ属(Eleotris)、タナゴモドキ属(Hypseleotris)、タメトモハゼ(Ophieleotris)の5属。

ノコギリハゼ亜科にはジャノメハゼ属(Bostrychus)、ノコギリハゼ属(Butis)、ホシマダラハゼ属(Ophiocara)の3属。


カワアナゴ属について

大きな分類のレベルではハゼの仲間(ハゼ亜目)になる。スズキ目(Perciformes)ハゼ亜目(Gobioidei )カワアナゴ科(Eleotridae)カワアナゴ亜科(Eleotrinae)カワアナゴ属(Genus: Eleotris)にはカワアナゴ〈Eleotris oxycephala Temminck & Schlegel, 1845〉、チチブモドキ〈Eleotris acanthopoma Bleeker, 1853〉、オカメハゼ〈Eleotris melanosoma Bleeker, 1852〉、テンジクカワアナゴ〈Eleotris fusca (Bloch & Schneider) 〉の4種がいる。

食用となっているのを確認済みなのはカワアナゴだけで、岡山県南部のみ(2017年8月現在)。


カワアナゴ属に属する仲間一覧

サイト内検索

その他コンテンツ

ぼうずコンニャク関連サイト