ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ハシキンメ(英名/Blueberry roughy)

学名:Gephyroberyx darwinii (Johnson, 1866)

ハシキンメの形態写真

体長40cm前後になる。体高が高く側扁(左右に平たい)する。金属を思わせる赤色で表面がザラザラしている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区棘鰭上目キンメダイ系キンメダイ目ヒウチダイ科ハシキンメ属
    外国名
    英名/Blueberry roughy
    学名
    Gephyroberyx darwinii (Johnson, 1866)
    漢字・由来
    漢字 端金目
    由来・語源 神奈川県江ノ島での呼び名。由来など不明。口が大きいので「嘴金目」と解釈してもよいのでは。
    地方名・市場名
    静岡県沼津市ではゴソ。
    高知でオタフク、ヨロイウオ。
    生息域
    海水魚。水深150-700m。
    青森県八戸、茨城県〜土佐湾の太平洋沿岸、五島灘以南の東シナ海大陸棚縁辺〜斜面上部、九州〜パラオ海嶺。台湾南部、天皇海山。
    生態
    基本情報
    太平洋、静岡県以南の底曳き網で上がる。
    量的には多いとはいえないもので、比較的産地周辺で消費されることが多い。
    全国的に流通することも希にはあるが、ほとんど知られていない。
    産地などでは味のよさが知られており、人気がある。
    水産基本情報
    市場での評価 産地周辺での消費がほとんど。希に入荷するとやや高値。
    漁法 底曳き網、釣り
    産地 静岡県、愛知県、三重県
    選び方
    体色が赤く触って硬いもの。
    味わい
    旬は秋から春
    頭部が大きく、刺身などにすると歩留まりが悪い。
    鱗は小さく、ザラザラしていて取れにくい。皮は薄く弱い。
    透明感のある白身で、全体に脂が混在する。
    まったくクセはなく、煮ると適度にしまる。
    よいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身、煮つけ、汁(みそ汁、鍋)、塩焼き
    ハシキンメの刺身刺身
    脂に甘みがあり、旨みも強い。ほどよい食感がある。透明感のある白身で皮を引くとうっすらと銀皮があるため見栄えもよい。
    ハシキンメの煮つけ煮つけ
    静岡県沼津市などでは漁師さんたちの定番的なおかず。かなり濃いめの甘辛い味わいにする。ただしクセがないので酒の肴などにはあっさり煮上げてもよい。
    ハシキンメのみそ汁みそ汁
    液体を使った料理に向いている。頭部などからすばらしいだしが出る。あらで作ったみそ汁の美味しさは天下一品。鍋ものなどもキンメダイなどに引けを取らない。写真はあらや肝を入れたみそ汁。濃厚なうまさだ。
    ハシキンメの塩焼き塩焼き
    焼くとやや痩せてしまうが、ほどよい硬さ。身離れもよく実に味がいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    開き干し 静岡県沼津市などでは開き干しが作られている。脂が多く、甘味があり、魚らしいうま味もある。小骨がなく食べやすいのも特徴。[岩崎鮮魚 三重県尾鷲市]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    関東には駿河湾焼津から入荷する深海魚である。沼津や伊豆の戸田、土肥などでは近年、深海魚を積極的に取り入れた寿司屋や旅館が増えてきている。そんな深海魚のなかでも値段も人気も高いのがこれである。当地では「ごそ」と呼ばれている。本州中部以南の太平洋側に棲息しているということだが、相模湾、駿河湾のものはときに入荷する。
    ■キンメダイ目の深海魚は白身が多いが、本種はやや赤味がかっている。刺身はくせのない白身魚の味だが、のど越しにわずかだが渋みが残る。寿司ネタとしても使ってみて欲しいもの。また塩焼きは、ざらついた皮をそのままにじっくり焼くと、身がふんわりと柔らかく仕上がって旨い。当然、干物としても上々でありり、見つけたらぜひ購入を。煮つけ、椀ダネ、鍋に使っても旨い。
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)
  • 主食材として「ハシキンメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ