ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

マルヒウチダイ(Slimehead)

学名:Hoplostethus crassispinus Kotlyar

マルヒウチダイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体調25cm前後になる。側面から見ると丸く、強く側扁(左右に平たい)する。腹部に稜鱗(硬く刺々しい鱗)があり全体に薄紅色。尾鰭の後端は透明(黒くない)。尾鰭の後端は透明(黒くない)、ヒウチダイは黒い。

マルヒウチダイの形態写真

体調25cm前後になる。側面から見ると丸く、強く側扁(左右に平たい)する。腹部に稜鱗(硬く刺々しい鱗)があり全体に薄紅色。尾鰭の後端は透明(黒くない)。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区棘鰭上目キンメダイ系キンメダイ目ヒウチダイ科ヒウチダイ属
    外国名
    Slimehead
    学名
    Hoplostethus crassispinus Kotlyar
    漢字・由来
    漢字 丸燧鯛
    由来・語源 ヒウチダイに似てやや丸みを帯びている。ヒウチダイは体形が江戸時代の発火用の燧石(ひうちいし)をいれる袋に似ているため。
    地方名・市場名
    アブラゴソ/静岡県沼津市
    ヒウチ/鹿児島県垂水市
    生息域
    海水魚。水深370〜600メートル。
    東シナ海、駿河湾、熊野灘、土佐湾、九州。九州-パラオ海嶺、台湾南部、西部天皇海山。
    生態
    基本情報
    まとまって水揚げがある地域を現在のところ(2012)知らない。
    鹿児島県錦江湾での「とんとこ網漁」などで少ないながらコンスタントにみることができる。
    静岡県沼津ではヒウチダイとともにアブラゴソと呼ばれ高級魚だ。
    癖のない脂のある魚で、産地などでは人気が高い。
    ヒウチダイの尾ヒウチダイとマルヒウチダイの見分け方
    ヒウチダイ
    尾ビレの後ろの部分が黒い。
    マルヒウチダイの尾ヒウチダイとマルヒウチダイの見分け方
    マルヒウチダイ
    尾ビレの後ろは黒くない。

    水産基本情報
    市場での評価 流通することは稀。関東などでは珍しく一定の評価はない。
    漁法 底引き網
    産地 鹿児島県、静岡県
    選び方
    触ってはりのあるもの。目の澄んだもの。
    味わい
    旬は寒い時期
    鱗は薄くとりやすい。
    透明感のある白身で小さいものはやや水っぽい。
    東部、あらなどからいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法
    生食(刺身)、煮る(煮つけ)、焼く(塩焼き、干もの)、汁(潮汁、みそ汁、鍋)、揚げる(唐揚げ)

    刺身 やや水っぽく軟らかいが脂がのって甘く、味に奥行きが感じられる。イヤミのない味で万人向きの味だ。
    潮汁 小振りのものを湯通しし、汚れなどを落として水分をよく切る。昆布だしに入れて火をつけて沸いてきたら塩、酒で味つけする。単純な料理ながら実にうまい。
    唐揚げ 頭部を除くと、骨が軟らかくて水分が多いので唐揚げにするとサクサクとして丸ごと食べられる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/田中水産(鹿児島県鹿児島市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「マルヒウチダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ