ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ナミノコガイ(Bean Clam)

学名:Latona cuneata (Linnaeus,1758)

ナミノコガイの形態写真

殻長2センチ前後になる。三角形でスヌーピーの顔を思わせ、薄くて膨らみは弱い。色合いは様々で筋のある固体もある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    食用として認知されていない

    ★★★★★

    究極の美味
    分類
    軟体動物門二枚貝綱異歯亜綱マルスダレガイ目フジノハナガイ超科フジノハナガイ科ナミノコガイ属
    外国名
    Bean Clam
    学名
    Latona cuneata (Linnaeus,1758)
    漢字・由来
    漢字 波の子貝、波子貝
    由来・語源 目八譜より。千葉県南部、館山。
    波打ち際にいて、波乗りするように移動する。これを波打ち際で遊ぶ子に見立てたもの。
    地方名・市場名
    古名、ナミアソビ(波遊)。
    鹿児島県東市来町でナミガイ。
    サンカクガイ、サンカクギャア、シタゲ、シャベリクチ、スズメゲェ、トゥブホ、ナンゲ、ナンダゲ。
    生息域
    海水魚。房総半島以南。熱帯インド・太平洋域。
    波打ち際、砂浜。
    生態
    基本情報
    食用としている地域は非常に少ないと思われる。
    売買の対象としているのを確認しているのは鹿児島県東市来町のみ。
    味の良さをしっている人も少ない。
    水産基本情報
    市場での評価 一般に流通しない。
    漁法
    産地 鹿児島県
    選び方
    触って反応するもの。水管などがよく動くもの。
    味わい
    旬は春から秋。
    貝殻は薄く、歩留まりは良い。
    身(軟体部)は思った以上に大きく、熱を通しても硬くならない。
    非常に濃厚な旨みがあり、いいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 みそ汁、ボンゴレ、酒蒸し(ワイン蒸し)、炊き込みご飯
    みそ汁◆鹿児島県ではみそ汁にするのが一般的。みそ汁と言ったらアサリ、シジミというのが基本だが、それ以上に美味かもしれない。
    ボンゴレ◆非常に濃厚なエキスが出る。これをパスタとからめて十二分に楽しめる。貝殻からの身離れもよい。
    酒蒸し◆軟体に旨みがあり、いいエキスが大量に出る。酒でもワインを利用してもどちらでもよい。
    炊き込みご飯◆いいだしが出るので、大富潤先生に習って炊き込みご飯もいい。比較的薄味にしても旨みの濃い炊き込みご飯になる。軟体が硬くならないのもよい。
    貝殻の裏側は濃い紫が多く、表の色合いを反映する。
    ナミノコガイのみそ汁みそ汁◆鹿児島県ではみそ汁にするのが一般的。みそ汁と言ったらアサリ、シジミというのが基本だが、それ以上に美味かもしれない。
    酒蒸し◆軟体に旨みがあり、いいエキスが大量に出る。酒でもワインを利用してもどちらでもよい。
    ボンゴレ◆非常に濃厚なエキスが出る。これをパスタとからめて十二分に楽しめる。貝殻からの身離れもよい。
    炊き込みご飯◆いいだしが出るので、大富潤先生に習って炊き込みご飯もいい。比較的薄味にしても旨みの濃い炊き込みご飯になる。軟体が硬くならないのもよい。
    好んで食べる地域・名物料理
    鹿児島県日置市東市来町。
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『九州発 食べる地魚図鑑』(大富潤 南方新社 2011)、『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本産軟体動物分類学 二枚貝綱/掘足綱』(波部忠重 北隆館 1977)、『日本貝類方言集 民俗・分布・由来』(川名興 未来社)
  • 主食材として「ナミノコガイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ