ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

テングダイ(Striped boarfish)

学名:Evistias acutirostris (Temminck and Schlegel)

テングダイの形態写真

体長50cm前後になる。身体は円形に近く背鰭第2・3棘は太くて硬い。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目カワビシャ科テングダイ属
    外国名
    Striped boarfish
    学名
    Evistias acutirostris (Temminck and Schlegel)
    漢字・由来
    漢字 天狗鯛
    由来・語源 神奈川県三崎地方での呼び名。天狗のように口(ばし)が出ているため。
    地方名・市場名
    三重県尾鷲市ではキンチャク。
    長崎県で「タカノハ」。もしくは「タカノハダイ」?
    アブラウオ、シモワサナベ、ネコノヘド、ハタヒシャ、マンザイダイ、ヨコジマ。
    生息域
    海水魚。水深40メートルから250メートル。
    北海道〜九州南岸の太平洋沿岸、小笠原諸島。南半球中・西部太平洋。
    生態
    秋から冬にかけて抱卵しているものを見かける。
    基本情報
    このような魚を流通上位置づけるのは難しい。
    暖かい海域にいる魚で、あまりまとまってとれず、それでいて味がいい。
    臭みがある固体が少なく、身体の部位の中にも臭みの強い場所はない。
    上質な白身で秋から冬にかけてうまい。
    認知度は皆無に近く、だからこそ玄人受けして欲しい魚。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は少ない。クセがなく、味のいい魚であることは徐々に知られてきている。やや高値。
    漁法 定置網
    産地 大分県ほか
    選び方
    縞模様など黒さが強いもの。退色して白いものは古い。触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。
    味わい
    旬は春から秋
    鱗は細かく硬い。皮が厚い。
    透明感のある白身で鮮度がいいとやや硬い。熱を通しても強く締まらない。
    背鰭下に縁側がある。
    テングダイの切り身切り身。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身、塩焼き、ポワレ、煮つけ、汁(潮汁、みそ汁)
    刺身
    鮮度がいいとやや硬い。透明感のある白身だが、時間が経つと白濁する。時間が経った方がうま味がのる。
    テングダイの塩焼き塩焼き
    塩焼きにして非常にうまい。皮目に風味があり、焼くとほどよくしまる。
    テングダイのポワレポワレ 脂との相性がよく、ソテーするとこんがりと皮が香ばしい。
    煮つけ しょうゆ味で煮つけると美味しいが、やや淡泊。
    潮汁、みそ汁などにして美味。鍋材料にしてもいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「テングダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ