ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ソコアマダイモドキ(White-edged jawfish)

学名:Owstonia grammodon (Fowler,1934)

ソコアマダイモドキの形態写真

体長30cm前後になる。尾鰭は背鰭・尻鰭とつながらない。背鰭近くにある側線は頭部で急激に鰓方向に下がり、つながらない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アカタチ科ソコアマダイ属
    外国名
    White-edged jawfish
    学名
    Owstonia grammodon (Fowler,1934)
    漢字・由来
    漢字 底甘鯛擬、底尼鯛擬
    由来・語源 ソコアマダイに似て別種の意味。「ソコアマダイ」は田中茂穂の命名。アマダイに似て、深海(底)に生息するという意味合い。
    地方名・市場名
    生息域
    海水魚。水深150〜400m。
    相模湾〜土佐湾の太平洋沿岸、東シナ海。スラウェシ島。
    生態
    基本情報
    底曳き網に混ざる魚で沼津や三河、錦江湾などで確認している。
    比較的味のいい魚で、まとまってとれないのが残念。
    ソコアマダイ属の見分け方
    ソコアマダイモドキの側線ソコアマダイモドキ
    ソコアマダイモドキは測線が頭部で下に下がる
    ソコアマダイの側線ソコアマダイ
    ソコアマダイは測線が頭部で上に上がって左右がつながる
    水産基本情報
    市場での評価 ソコアマダイと混同されている。入荷は希。安い。
    漁法 底曳き網
    産地 静岡県、三重県
    選び方
    赤みの強いもの。触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。
    味わい
    旬は秋から春
    鱗は薄く取りやすい。皮は少し厚みがあり、熱を通すとゼラチン質。
    骨はあまり硬くなく身は透明感のある白身。やや水分が多い。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身(皮霜造りなど)、焼きもの(干もの、塩焼き)、汁(潮汁など)
    刺身 身よりも皮に味があり、ゼラチン質なので皮霜造りにして美味。大型のものはとてもうまい。
    焼きもの 皮に甘味があり、焼くとゼラチン質でぷるんとしている。
    潮汁には独特の風味がある。だしの味も非常にいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ソコアマダイモドキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ