ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

シラエビ(英名/Japanese glass shrimp)

学名:Pasiphaea japonica Omori,1976

代表的な呼び名シロエビ

シラエビの形態写真

7〜8センチほどになる。側扁(左右に平たい)し全体に白い。体中に赤いゴマ状の模様がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻亜門軟甲綱(エビ綱)真軟甲亜綱エビ上目十脚目抱卵亜目コエビ下目オキエビ上科オキエビ科シラエビ属
    外国名
    英名/Japanese glass shrimp
    学名
    Pasiphaea japonica Omori,1976
    漢字・由来
    漢字 白蝦。白海老
    由来・語源 体色の白いエビという意味。
    地方名・市場名
    シロエビ/富山県、関東などの市場
    ヒラタエビ/富山県
    ベッコウエビ(鼈甲蝦)/富山県
    生息域
    海水生。日本周辺。富山湾に多産。駿河湾、遠州灘、熊野灘、相模湾。
    水深200メートルから300メートルを群れて泳いでいる。
    生態
    ■ 一生を海の中層を泳いで暮らす。
    ■ 昼間は水深150メートル〜300メートルにいて夜には水深100メートル近辺に浮き上がる。
    ■ 産卵期は7月から11月。
    ■ 寿命は2年〜2.5年。
    ■ 産卵は生涯に2回。
    基本情報
    オキエビの仲間は世界的には希少なものが多い。
    日本周辺でとれる本種は世界的にも珍しい産業種。
    標準和名はシラエビだが、一般にはシロエビという。
    日本周辺にいるエビだが漁業対象となっているのは富山湾と新潟県。
    特に富山県が圧倒的に多い。
    古くはサクラエビの代用品といったものであったが、近年生鮮品の流通が可能になり、値が上がった。
    富山県では素干し、釜揚げ、塩辛などに加工。
    観光的にも重要で数々の名産品を生み出している。
    水産基本情報
    市場での評価 春から秋にかけて入荷してくる。量は少なく、トレイなどにのった特殊な形で出荷されてくる。高い。
    漁法 底曳き網(沖層曳き網漁)
    産地 富山県、新潟県、鹿児島県
    ■年間漁獲量200トンから600トンほど。
    選び方
    透明感のあるもの。黒く変色しているものはダメ。
    味わい
    旬は漁期と同じ4月〜11月
    殻は非常に柔らかい。
    身は水分が多いが強い甘みを感じさせる。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    揚げる(かき揚げ、唐揚げ、素揚げ)、刺身
    シラエビのかき揚げかき揚げ 一般にかき揚げ、素揚げなどになる。香ばしく、殻が柔らかいので食べやすい。噛みしめると甘みが強く非常に美味。

    シラエビの刺身刺身 刺身は身を押し出すようにして造るが根性がいる。この一人前で30分はかかる。非常に手間がかかるが美味。
    好んで食べる地域・名物料理
    素麺つゆ(そうめん)/シラエビ生を水から煮てだしを取り、素麺つゆにする。
    加工品・名産品
    ■ 生での流通は全体の10パーセントに過ぎず、ほかは素干しや煮干し、釜上げ、塩辛などの加工食品になる。
    シラエビの素干し素干し

    釜揚げシラエビ釜揚げ

    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■菊池勘左右衛門(1896〜1979)がイタリアなどに送り、存在を知らしめる。
    ■水産博士・大森信(1937年生まれ)が研究、従来Pasiphaea sibadoとされていたものを研究、新種として記載した。
    ■1897(明治30)年に白えび漁場発見、1922(大正11)年漁業権取得の記録が残る。
    ■オキエビの仲間はスペイン、イタリアでもとっている。
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    ◆オキエビ科(Pasiphaeidae)について◆
    ソコシラエビ、ショウジョウエビなど国内でもとれるが、食用となっているのはシラエビのみ。

    ◆市場での評価・取り扱われ方◆
    富山県特産。関東でも定番のものとなっている。釜揚げ、素干しなど加工品として流通するがサクラエビなどよりも廉価。生鮮ではプラスティックのトレイ単位で600円から1000円とやや高値。

    ◆食べてみる◆
    煮干しはサクラエビの代用品とされているようだ、用途も同様。
    関東の市場でも生は見慣れたものとなっている。これはもっぱらかき揚げにされているようだが、これが非常にうまい。
    参考文献・協力
    参考/『日本のエビ・世界のエビ』(東京水産大学第9回公開講座編集委員会扁 成山堂書店)、『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)、『水産無脊椎動物Ⅱ 有用・有害種各論』(奥谷喬 恒星社厚生閣)
  • 主食材として「シラエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ