ヨメヒメジ

ヨメヒメジの生物写真

体長30センチ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ヒメジ科ヒメジ属
外国名
Freckled goatfish
学名
Upeneus tragula Richardson,1846
漢字・由来
漢字 嫁比売知
由来・語源 田中重穂がトラヒメジと命名していたことがあり、ヨメヒメジの意味合い、語源などはまったく不明。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。南日本。〜中国。インド。太平洋域。

生態

産卵期は夏。

基本情報

まとまってとれない魚だが、やや西日本に多く、関東などではほとんどとれない。
産地で細々と取り扱われるもので、ときに雑魚と見なされる。
非常に安い。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は夏。
ヒメジ科にあって小型種の多いアカヒメジ属、ヒメジ属のなかでも最大種。
強いとげがなく鱗は薄く取りやすい。中骨以外は柔らかい。皮は薄いがしっかりしている。
白身でクセがなく皮に独特の風味がある。熱を通しても硬く締まらない。
あらなどからいいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 生食(焼き霜造り)、揚げる(フライ、唐揚げ)、塩焼き、ソテー
生食◆味は皮にある。皮を引くととても平凡な味である。湯をかけて皮霜造りにするよりも、あぶって焼霜造りの方が美味しい。
揚げる◆大きくなるのでフィレにしてフライにすることが出来る。このフライは絶品。水分が多いのでしっとりと軟らかく揚がり、身に甘みがある。
塩焼き◆意外に脂がのっていて、焼くと身からしみ出してきて香ばしく「揚げる」ように焼き上がる。皮に風味、身に甘みがあって実にうまい。
ソテー◆クセのない白身なのでムニエルやポワレにして美味。
ヨメヒメジの刺身(焼霜造り)焼霜造り。味は皮にある。皮を引くととても平凡な味である。湯をかけて皮霜造りにするよりも、あぶって焼霜造りの方が美味しい。
ヨメヒメジのフライフライ。大きくなるのでフィレにしてフライにすることが出来る。このフライは絶品。水分が多いのでしっとりと軟らかく揚がり、身に甘みがある。
ヨメヒメジの塩焼き塩焼き。意外に脂がのっていて、焼くと身からしみ出してきて香ばしく「揚げる」ように焼き上がる。皮に風味、身に甘みがあって実にうまい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ