ヒメジ

ヒメジの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
20センチ前後になる。やや側へんし、体側に赤い斑紋が散らばる。下顎に黄色く細い髭を思わせる感覚器官がある

ヒメジの形態写真

20センチ前後になる。やや側へんし、体側に赤い斑紋が散らばる。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ヒメジ科ヒメジ属
外国名
英名/Yellowfin goatfish,Red goatfish,Stripedfin goatfish
学名
Upeneus japonicus(Houttuyn)
漢字・由来
漢字 比賣知、緋女魚、姫魚、遊女魚。
由来・語源 華奢で赤い色合いから華やかな「姫」を連想する。「じ」は魚名語尾。「姫」「遊女」などを連想。
地方名・市場名
アズキ/山形県鶴岡市由良漁港で。
ヤヒコサン(弥彦山)、ヤヒコヤマ/新潟のヤヒコサン(弥彦山)、ヤヒコヤマは寺泊に近い弥彦山の下にある角田村(現新潟市)でたくさんとれたため。『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
トチウオ/新潟県糸魚川市
アカハゼ/島根県
キンギョ/島根県
ヒメ/島根県
キンタロウ(金太郎)、キンタロ/島根県浜田市、山口県萩・下関
ベニサシ/九州西岸
ハナジャコ/三重県の尾鷲、『一日一魚』
ヒメイチ/徳島県阿南市椿泊『椿泊漁業協同組合』、海部郡海陽町『宍喰漁業協同組合』、高知県高知市(永野廣さん)
ヒメチ/和歌山県和歌山市雑賀崎、徳島県阿南市椿泊『椿泊漁業協同組合』、海部郡海陽町『宍喰漁業協同組合』、高知県高知市(永野廣さん)
アカイオ、アカウオ、アカブト、アカムツ、イトクリ、オキネンドリ、オキノジョウ(おきのじょろう 沖の女郎)、オギノジョウ(おきのじょろう 沖の女郎)、オキノジョロ(おきのじょろう 沖の女郎)、オキメンドリ、キンギョ、キンタチ、キントキダイ、コイ、シメチ、ハナジャコ、ヒトモシ、ヒニチ、ヒメジャコ、メゴヨ、ワハバナ。(魚名)

概要 ▽

生息域

海水魚。生息域は北海道以南の日本各地。浅い砂地に普通である。

生態

2本の髭(ひげ)があるのが特徴。
この髭に味覚を関知できる細胞があり、砂地などをさぐってエサを探す。
産卵期は夏から秋ではないか? 卸していると7月、8月、9月と抱卵している個体が目立つ。

基本情報

ヒメジ科の魚は大小様々で共通するのは長い口ひげを持っていることだ。中型から大型のものはヨーロッパなどでは高級魚。色合いからルジェー(赤い色合い)として揚げ物、ムニエルなど盛んに使われる。
本種は比較的浅い砂地にいて、底曳き網などでまとまってとれる。
おいしい小魚なので産地では人気があり、また煮干し、干ものなどにも加工される。
たくさんとれた時には練り製品にもなるので、知らず識らずに食べている可能性もある。
また最近、首都圏で天ぷら種として利用するようになってきている。

水産基本情報

市場での評価 比較的ローカルな魚。鮮魚で入荷しても安く、人気がない。
漁法 底曳き網
主な産地 統計にはない

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触ってしっかりしているもの。外見の赤が鮮やかなもの。

味わい

旬は春から夏
鱗は軟らかく弱く剥げやすい。骨は中骨はやや硬い。皮は薄く独特の風味がある。
透明感のある白身で熱を通しても硬く締まらない。身離れがいい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
焼く(干もの)、揚げる(天ぷら)、汁(吸いもの、潮汁、みそ汁)、生食(皮霜造り、焼霜造り)
ヒメジの一夜干しヒメジの一夜干し
水分が多いので振り塩して半日ほど干して焼いたもの。身に甘みがあり、ワタが苦いがこれもまたよしで美味。
ヒメジの天ぷらヒメジの天ぷら
関東では天ぷら種のひとつとして認識されつつある。揚げると皮目に独特の風味があり、これがとても好ましい。
ヒメジの吸い物ヒメジの吸い物
湯引きしたものを吸いもの地(昆布だし)で少し煮たもの。味つけは酒と塩。上品な味わい。
ヒメジの唐揚げヒメジの唐揚げ
小振りのものを水洗いしてじっくりと二度揚げしたもの。頭から丸ごと食べられてとても味がいい。

好んで食べる地域・名物料理

新潟県、島根県、山口県、長崎県ほか。

加工品・名産品


ヒメジの丸干し丸干し
内臓もそのままに干し上げたもの。乾燥の度合いは低い。山口県、島根県西部で作られる。山口県の「金太郎の干もの」は名物。
ひめちのかんぴんたん干しひめちのかんぴんたん干し
三重県尾鷲市では強めに干す。実に風味がよく、生干しよりも味わい深い。
ヒメジの煮干しひとぼしの煮干し
だしを取ると、カタクチイワシよりもあっさりとして甘味が強い。[長谷川巳之助商店 京都府舞鶴市浜318]

釣り情報

投げ釣り、相模湾のシロギス釣りなどでは典型的な外道。方天秤仕掛けにキスバリ、エサはジャリメ、アオイソメ。

歴史・ことわざなど

旧ページ内容

[以下古い記載が含まれている可能性があります]
関東ではあまり利用されないが新潟県や島根県、佐賀県では干物となるし、北陸若狭では煮干しに加工される。
鮮魚では天ぷら用にも流通する。九州では南蛮漬け、四国では刺身にもなる。
●2005年30日に徳島県阿南市の「橘水産」という地方市場に行った。そこでまとまってとれていたのが本種である。そこでまず食べ方として上がったのが刺身である。小魚ではあるが刺身は独特の風味がある。これはもっと生食を調べる必要がある。他の地域でも刺身で食べるのであれば教えて欲しい。
◆食べてみる◆
鮮度がよければ刺身がいい。また酢締めもいい。
開いて天ぷらというのも特有の風味があり、プロももっと使ってみるといいのではないか。
徳島県阿南市の漁師さんは唐辛子をたっぷり入れた煮つけをつくるという。これが夏につくって美味。
身に水分がおおいのだろうか鮮度が落ちやすいので干物に加工する地域も多い。

参考文献 ▽

協力/金栄丸(酒屋魔剣和歌山市雑賀崎 金栄丸では魚の販売もやっています)
『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ