サクラダイ

サクラダイの生物写真

体長15センチ前後になる。側扁(左右に平たい)し、尾鰭と、背鰭第3もしくは第4軟条が糸状に伸びる。体側に白い斑文が点在する。雄は赤味が強く、雌はオレンジ色。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科ハナダイ亜科サクラダイ属
外国名
学名
Sacura margaritacea (Hilgendorf)
漢字・由来
漢字 桜鯛
由来・語源 標準和名をどの地域からとったものかは不明。体側の白い斑文が桜の花びらのようであるからではないかと思っている。
地方名・市場名
別名/オウゴンサクラダイ。
アカラサン、ウミキンギョ、オオキダイ、オキイトヨリ、オタマウオ、オタマコロシ、オタマゴロシ、オドリコダイ、オヒロベラ、オヒロベロ、キンギョ、キンギョウオ、コンペント。

概要 ▽

生息域

海水魚。相模湾から長崎(琉球列島をのぞく南日本)。台湾。
やや深場。

生態

性転換する。
雌性先熟(最初雌であって成長すると雄になる)。

基本情報

ハタ科でもサンゴ礁や、岩礁域にいるハナダイ亜科の小魚。
見た目の美しさから、古くより知られている。
食べられているものであったが、小さすぎる上、あまりとれないので雑魚扱いされてきたもの。
実際、定置網、刺し網、延縄などでとれるもので、量的に少なく、小魚なのでほとんど利用されない。

水産基本情報

市場での評価 一般に流通しない。一定の評価はない。
漁法 底曳き網、定置網、刺し網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

赤味、えんじ色の強いもの。斑文などがくっきりしているもの。目が澄んでいるもの。

味わい

旬は秋から冬?
体長15センチが最大級という小型魚
鱗は硬くしっかりしている。
皮も丈夫。
白身でまったくクセがない。
皮に独特のアマダイを思わせるような風味がある。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
汁、塩焼き(干物)、刺身
小魚なので鱗と内臓を取り去り、ぶつ切りにしてみそ汁にする。いいだしが出て美味。潮汁(塩味)もいい。
塩焼き 軽く干して焼くと美味。出来れば開いて干すと食べやすく、乾きが早い。
刺身 刺身にもなるが著しく歩留まりが悪い。見た目からすると、いい味わいだ。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

水深80メートルから100メートルでのコマセマダイの外道。あまり食いのたっていないときにくる。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ