バラハタ

バラハタの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長60cm前後になる。オジロバラハタに似るが尾は三日月型に湾入して縁は黄色。オジロバラハタは縁が白。尾は三日月型に湾入して縁は黄色。オジロバラハタは縁が白。

バラハタの形態写真

体長60cm前後になる。オジロバラハタに似るが尾は三日月型に湾入して縁は黄色。オジロバラハタは縁が白。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハタ科バラハタ属
外国名
Yellow-edged lyretail
学名
Variola louti (Forsskål)
漢字・由来
漢字 薔薇羽太
由来・語源/色合いの華やかさから。
地方名・市場名
アカンダミーバイ/沖縄宮古島
ナカジュウミーバイ/沖縄本島
ハカマ/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協
ブナガ/沖縄宮古島
フナガミーバイ/沖縄八重山

概要 ▽

生息域

海水魚。沿岸の岩礁域、サンゴ礁外縁。水深3-240m。
伊豆大島、八丈島、少ないが相模湾〜屋久島の太平洋沿岸、琉球列島、南大東島。台湾南部、福建省・香港、西沙諸島、中沙諸島、南沙諸島、インド-太平洋域。

生態

基本情報

主に奄美大島以南で食用としている。シガテラ毒の問題があるとされているので、もともと食用としてた地域以外では流通しない。
非常に味のいい魚で、沖縄などでは人気が高い。
都道府県によってはシガテラ毒の危険性から食用としない地域もある。食用とする場合には要注意

水産基本情報

市場での評価/流通するのは沖縄県など。高価。
漁法/釣り、銛漁
産地/沖縄県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

赤みの強いもの。鰓が赤いもの。

味わい

旬は春から初夏。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

都道府県によってはシガテラ毒の危険性から食用としない地域もある。食用とする場合には要注意
汁(鍋、みそ汁、潮汁、中華風スープ)、生食(刺身)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)
バラハタのみそ汁みそ汁 あらなどから非常にうま味の強いだしが出る。あらを水から煮て、みそを溶くだけ。豆腐や野菜を加えると栄養バランス的にもいいかも知れない。
バラハタの煮つけ煮つけ 水を使った料理が適している。あらなどは酒、みりん、しょうゆであっさり煮て非常に美味。特に皮がうまい。
バラハタの刺身刺身 血合いはほとんどないに等しい。全体に透明感のある白身で、脂の甘味はないが、身そのもののうま味が楽しめる。ほどよい食感なのもいい。
バラハタの唐揚げ唐揚げ 腹身や尾に近い部分の皮目に包丁を入れて、片栗粉をまぶしてかりっと香ばしく揚げたもの。鶏肉のように身が締まりとても味わい深い。
バラハタの塩焼き塩焼き バラハタの切り身に塩コショウして半日ほど寝かせる。これをじっくりと焼き上げる。上品ではあるが焼くとうま味が感じられないのでオリーブオイルとバルサミコをかけて食べてみた。これはなかなか捨てがたい味だ。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本近海産 魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ