クサフグ

クサフグの生物写真

体長10センチ前後。背と腹に細かい棘が密集する。胸鰭後方に黒い紋があり、白い縁取りはない。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ亜目フグ科トラフグ属
外国名
Kusafugu
学名
Takifugu niphobles (Jordan & Snyder)
漢字・由来
漢字 草河豚
由来・語源 神奈川県三崎、江ノ島での呼び名。体色からだと思われる。
地方名・市場名
アカメフグ、ガンバ、キンフグ、

概要 ▽

生息域

海水魚。青森県から沖縄。東シナ海、朝鮮半島南部。

生態

基本情報

日本各地で消費されているが、ほとんど流通しないもの。
むしろ産卵期の光景の方が有名。
投げ釣りなどの代表的な外道のひとつ。

水産基本情報

市場での評価 入荷を見ていない。
漁法 定置網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。

味わい

旬は秋から冬。
食べられるのは筋肉のみ。小型なので食べられる部分は少ない。
透明感のある白身で肉はよくしまっている。
フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理するときには自己責任で

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 汁(みそ汁、鍋)、刺身、唐揚げ
汁◆昆布だしで煮てみそを溶くだけ。具材はお好みのものを使っていただくというのがうまい。小振りなので手間がかかるが実に味がいい。
刺身◆小さくて面倒だが、刺身にしても美味しい。
唐揚げ◆毒を除去してそのままじんわりと揚げる。これが実に美味しい。
クサフグのみそ汁八丁みそを使ったみそ汁。
小さなものを揚げたもの。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

投げ釣り、浮き釣りなどの代表的な外道。ハリスを強い歯で切るために嫌われている。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ