ヒガンフグ

ヒガンフグの生物写真

体長30cm前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ亜目フグ科トラフグ属
外国名
英名/Globefish, Blowfish, Puffer
学名
Takifugu pardalis(Temmink and Schlegel)
漢字・由来
漢字 彼岸河豚。
由来・語源 春の彼岸頃よくとれるから。(参考/『魚と貝の事典』望月賢二 柏書房)また「食べると彼岸に行く」、すなわち死んでしまうという意味合いもあるように思える
地方名・市場名
アカメフグ(赤目河豚)/関東
コメフグ/石川県七尾市七尾魚市場
メアカフグ(目赤河豚)/宮城県石巻

概要 ▽

生息域

海水魚。日本各地。浅い岩礁域。
北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海、北海道南西部〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、東シナ海。朝鮮半島沿岸、渤海、黄海、済州島。

生態

基本情報

冬になると入荷が増え、5月、6月くらいまで市場で見かける。
入荷のピークは春。
産卵後以外は比較的味がよく、フグのなかでも価格の高いもののひとつ。
養殖されていないので総て天然。

水産基本情報

市場での評価 冬から春にかけて入荷してくる。やや高値。
漁法 釣り、定置網
産地 神奈川県、宮城県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は冬から春 初夏にも味のいい個体がある。
肝臓、卵巣は猛毒。皮膚、腸は強毒。筋肉は無毒(弱毒の個体もある)、精巣は弱毒。一部有毒個体が見つかっているので注意が必要。食用になるのは筋肉のみ。
皮は硬く剥きやすい。骨はあまり硬くない。
透明感のある白身でしまっている。
フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理するときには自己責任で

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
汁(鍋、みそ汁)、生食(刺身、焼き切り)、焼く(ポン酢焼き、酒塩焼きなど)

ヒガンフグのちり鍋ふぐちり ヒガンフグのぶつ切りとわけぎだけの「ちり」。だしは昆布だしのみで味付けは酒と塩。好みの煮具合でポン酢で食べる。身が適度にしまりとても味がいい。
ヒガンフグのみそ汁みそ汁 適宜に切り、昆布だし(水)で煮だして、適宜に切ったナスを加え、身に火が通ったらみそを溶く。非常にうま味のある滋味豊かなみそ汁が出来上がる。
ヒガンフグの薄造り薄造り 三枚に下ろしてさらしに巻き、一日寝かせる。適度に水分が抜けたら薄く切りつける。すだちしょうゆで食べる。
ヒガンフグのたたきたたき 三枚に下ろしてさらしなどに巻き一日寝かせる。皮の方だった部分をあぶって切りつける。ポン酢かわさびしょうゆで食べる。
ヒガンフグの魚すき魚すき しょうゆ、酒、砂糖と水の下地でヒガンフグの切り身を煮ながら食べる。煮て適度にしまった身が実にうまい。
ヒガンフグの魚醬焼き魚醬焼き ヒガンフグの身を魚醬(しょっつる、いしる)と酒を合わせた地に半日以上つけ込んで焼き上げたもの。佳肴である。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

千葉県外房でのフグかっとう釣りでは本種も狙いのもの。味がいいので人気があるが、数は釣れない。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ