コモンフグ

コモンフグの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長25cm前後になる。斑文は白く、くっきりしている。背側に小さな棘がある。尻鰭は淡い黄色。体の背面後方の斑紋は円形に近い。体の背面後方の斑紋は円形に近い。背の部分の斑紋は褐色の地に白い比較的円形に近い斑紋が浮かぶ。

コモンフグの形態写真

体長25cm前後になる。斑文は白く、くっきりしている。背側に小さな棘がある。尻鰭は淡い黄色。体の背面後方の斑紋は円形に近い。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ亜目フグ科トラフグ属
外国名
Globefish, Blowfish, Puffer
学名
Takifugu poecilonotus (Temminck and Schlegel)
漢字・由来
漢字 小紋河豚
由来・語源 型染めの「小紋柄」に似て一定の斑紋があるため
地方名・市場名
ナゴヤ(ナゴヤフグ)/広島県広島中央市場、愛媛県松山市・四国中央市(川之江市)
ガンバ、ギシフグ、ギンフグ、コメフグ、ダイコンフグ、ナゴヤ、ナツフグ、ヒガンフグ、フグト、フグトン、モフグ、ホシフグト、メアカフグ。

概要 ▽

生息域

海水魚。沿岸域。
北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、北海道南西部〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海。朝鮮半島東岸・南岸・南部西岸、済州島、台湾、香港。

生態

基本情報

本州中部以南に多いフグで、ショウサイフグに似ているために混同して取り扱われている可能性が高い。値段は手頃で味がいいので、フグ類のなかでもオススメの一種である。

水産基本情報

市場での評価 入荷は少ない。やや高値。
漁法 定置網
主な産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って硬いもの。斑文がくっきりしているもの。

味わい

旬は秋から冬。
毒性/肝臓、卵巣は猛毒。精巣、皮膚、腸は強毒。筋肉は弱毒
鱗は皮と一体化して力はいるが剥がせる。骨はあまり硬くはない。透明感のある白身で白濁しやすい。熱を通すとやや硬く締まる。
フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理するときには自己責任で

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

汁(鍋、みそ汁)、煮る(煮つけ)、生食(刺身、セビチェ)、揚げる(唐揚げ)

みそ汁 中骨やあらを昆布だしで煮だして麦みそを溶き入れたもの。甘味のある麦みそがコモンフグの上品なだしに会う。
コモンフグの鍋ちり鍋 筋肉部分をぶつ切りにして、昆布だしで煮ながら食べる。味つけは酒と塩。身離れがよく甘味があって美味。いいだしも出る。
コモンフグの煮つけ煮つけ ぶつ切りの身をしょうゆ、酒、砂糖で甘辛く煮つけたもの。しょうがを使ってもいいが鷹の爪を使ってみた。フグは唐辛子と相性がいい。
コモンフグの刺身刺身 三枚に下ろして、ペーパータオルにくるんで一日寝かせる。これを薄造りにする。ねぎと柑橘しょうゆ、もしくはポン酢で食べる。
コモンフグの唐揚げ唐揚げ むき身を適宜に切り、片栗粉をまぶして揚げたもの。鶏肉を思わせる締まり具合で実に味わい深い。
コモンフグのみそ漬けみそ漬け 愛媛県産の甘めの麦みそとみりん、砂糖を合わせた地に一日漬け込んで焼き上げたもの。鶏肉のようにしまった身に麦みその香りが加わってとてもおいしい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)、『日本近海産フグ類の鑑別と毒性』(厚生省生活衛生局乳肉衛生課 中央法規出版)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ