オオエッチュウバイ

オオエッチュウバイの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
殻長20cm以上になる。貝殻は非常に薄くもろい。よくふくらみ。縫合はくびれる。全体に黒いものが多い。殻長20cm以上になる。貝殻は非常に薄くもろい。よくふくらみ。縫合はくびれる。全体に黒いものが多い。

オオエッチュウバイの形態写真

殻長20cm以上になる。貝殻は非常に薄くもろい。よくふくらみ。縫合はくびれる。全体に黒いものが多い。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新腹足目エゾバイ科エゾバイ属アニワバイグループ
外国名
学名
Buccinum tenuissimum Kuroda in Teramachi,1933
漢字・由来
漢字 大越中貝
由来・語源 エッチュウバイに似てとても大きい。
地方名・市場名
新潟ではオオバイ(大貝)、オオバエ。
シロバイ、ダイバイ、ドンドロバイ、バイ、バイガイ、ベェー、マチョウモノ、マッチョモ、マバイ。

概要 ▽

生息域

海水生。水深400メートルから1000メートルの海底。エッチュウバイよりも深い場所にいる。
日本海島根県以北だと思われる。

生態

基本情報

日本海特産のもので、大型でエッチュウバイよりも深い海底に生息する。
漁獲量は少なく、島根県ではベニズワイガニ漁などで混獲される。
また新潟県、富山県では本種とチヂミエゾボラを珍重し、専門的に狙うカゴ漁がある。
柔らかく、非常に大型で甘みが強い。
新潟県では高価なもので、郷土料理には欠かせないもの。

水産基本情報

市場での評価 日本海側を中心に流通する。新潟県では高値で取引され、石川県などでもやや高値。
漁法 カゴ漁
主な産地 新潟県、富山県、秋田県、山形県、島根県など

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触ってよく動き、粘液などが垂れていないもの。

味わい

旬は不明。
漁期が出回る時期となる。
身(足)の部分が大きく、柔らかい。
ワタに旨みが濃厚にある。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 刺身、煮もの、酒蒸し
刺身は柔らかく、甘みがあって非常に美味。
エッチュウバイよりも甘みが強いとも思える。
煮つけは定番のもの。
小振りの物は、普通煮つけ、もしくは酒蒸しになる。
ワタに濃厚な旨みがあり、身は柔らかく非常に美味。
オオエッチュウバイの刺身刺身
酒蒸し

好んで食べる地域・名物料理

新潟県、石川県

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ