シライトマキバイ

代表的な呼び名トウダイツブ

シライトマキバイの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
殻長15cm前後になる。比較的のっぽで、各層丸みをおびる。茶褐色で火炎を思わせる模様が出ることがある。また南にいくほど殻長が低くなり、円錐形で下の層が膨らみ、先端がすぼまる。
北海道産は丸みを帯びてはいるがどこか角張っていて螺肋の結節に顆粒が顕著に見える。[北海道厚岸産]各層が丸みを帯びていて螺肋上に顆粒は少ない。殻皮がほとんど取れていないもの。[宮城県産]各層が丸みを帯びていて螺肋上に顆粒は少ない。殻皮が取れてしまったもの。[宮城県産]南に行くほど螺肋上の顆粒状の突起が少なくなり、円錐状になる。これは一見、相模湾以南にいるスルガバイそっくりである。[千葉県産]

シライトマキバイの形態写真

殻長15cm前後になる。比較的のっぽで、各層丸みをおびる。茶褐色で火炎を思わせる模様が出ることがある。また南にいくほど殻長が低くなり、円錐形で下の層が膨らみ、先端がすぼまる。 北海道産は丸みを帯びてはいるがどこか角張っていて螺肋の結節に顆粒が顕著に見える。[北海道厚岸産]

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★
美味
分類
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱新腹足目エゾバイ科エゾバイ属ヒモマキバイグループ
外国名
学名
Buccinum isaotakii Kira.1959
漢字・由来
漢字 白糸巻貝
由来・語源 『目八譜』から。主に鹿島灘以北から三陸に多く、日本海にはいないとすると、模式産地が本州東北部とする限り、吉良哲明の見た標本は現シライトマキバイではないということになりそう。
地方名・市場名
トウダイツブ(灯台つぶ)/北海道
マキツブ/福島県相馬市原釜港

概要 ▽

生息域

海水生。
鹿島灘以北〜北海道の太平洋沿岸。
多きのは鹿島灘〜三陸までだと思われる。

生態

基本情報

活けの状態は魚屋さんまで。
スーパーなどではまったく見られない。
デパート、高級スーパーではときにある。
剥いてあるものはスーパーでも見たことがある。

水産基本情報

市場での評価 春から夏に多い。値段は安くて安定。
漁法 底曳き網
産地 北海道、福島県、宮城県、千葉県、茨城県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

活けは蓋があまり奥まで入っていないもの。触ると奥に引っ込むような反応のあるものがいい。
剥き身は粘液が出ていないもの。張りのある、胡麻模様はくっきりしているもの。

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

煮る(塩ゆで、煮貝)、焼く(しょうゆ焼き、エスカルゴバター焼き)、生食(刺身)
トウダイツブの煮もの煮貝 煮ても硬く締まらず、身に甘みがあり、内臓に苦みや渋みがない。エッチュウバイやエゾバイなどと同様に使えておいしい。値段が安いのも魅力だ。
トウダイツブのエスカルゴバター焼きエスカルゴバター焼き 室温で軟らかくしたバターににんにく、刻んだパセリを練り込む。エスカルゴ用の皿に剥き身を入れてエスカルゴバターをのせてオーブンでこんがりと焼き上げる。
トウダイツブの刺身刺身 剥き身にして足に切れ目を入れて割り、ぬめりをもみ出す。仕上げに塩でもみして水洗いする。できるだけ薄く切り、わさびじょうゆなどで食べる。エゾバイなどと比べると食感が悪いが、捨てがたい味だ。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

松前漬け/灯台つぶ、イクラ、スルメ、カラフトシシャモの卵などの入った松前漬け。「北寿宝」山下水産 北海道寿都町
むき身/国産だけではなく、ロシア産などもある。東北太平洋側から北海道にかけて作られて、発砲などに入って入荷する。
むきつぶむきつぶ 水揚げされたものを浜で剥き身にしたもの。東北太平洋側などで盛ん作られて出荷されている。これを煮たり、焼いたりするのだがとても便利。
ボイルつぶボイルつぶ むきつぶを塩ゆでにしたもの。冷凍流通しているが、このまま酢みそにしたり、バターでソテーできて便利なもの。

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本及び周辺地域産軟体動物総目録』(肥後俊一、後藤芳央 エル貝類出版局)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ