新コンテンツはこちら

旧コンテンツ 索引
魚類 軟体類 甲殻類 その他 水生生物
◆食べてみる◆
 
天ぷら、フライなど揚げ物にして美味。
 天ぷらとフライ、どちらがうまいかは個人的なこと。ともに非常に美味。
 焼き物にしても美味。
 素焼きにして生姜醤油(しょうがじょうゆ)、塩焼き、タレをつけて焼いてもうまい。
 紅梅煮、佃煮、とワカサギ料理はきりがない。
●同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
●参考文献『新 北のさかなたち』(北海道新聞社 監修/水島敏博、鳥澤雅 編/上田吉幸、前田圭司、嶋田宏、鷹見達也)、参考/『たべもの語源辞典』(清水桂一編 東京堂出版)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区側
原棘鰭上目サケ目キュウリウオ科ワカサギ属
ワカサギ
Hypomesus nipponensis McAllister
他のトビウオ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★★★ これは常識
食べ方◆天ぷら(フライ)/
焼き物(素焼き、塩焼き、つけ焼き)/
煮物(佃煮も)
◎非常に美味
市場での評価・取り扱われ方◆
■夏を除いて入荷量は少なくない。産地は東北青森、北海道、琵琶湖。
■値段はやや高め。
■チカと混同されることがある。ただし最近では箱にしっかり明示されていることが多い。チカよりも高い。
ワカサギとチカの見分け方
 
ワカサギとチカは似ている。漫然と見ているとわからなくなる。そんなときの見分け方は尻ビレと背ビレの位置関係を調べるのがいい。
■ワカサギの尻ビレの前方端(赤)背ビレの端(黒)よりも前にある。
■ワカサギは海から汽水域、淡水でも生きていける。
■チカは逆に尻ビレの前方端(赤)が後方にあるのだ。(赤/尻ビレの線 黒/背ビレの線)
■チカは淡水域には進入できない。純海産種。
ワカサギの基本◆
■天ぷら、フライなどの材料として定番的なもの。
■カルシウムの含有量が多い。
■淡水でも生息できるので日本各地の山上湖やため池などに移植されている。
■関東などの湖では放流されており、釣りの対象として重要。
■島根県宍道湖の七珍という名物魚貝類のひとつ。
生息域◆島根県、利根川以北の本州、北海道。各地の湖沼。
生態◆
産卵期は春。
ワカサギには海で成長して河川に上り産卵するものと、湖などに陸封されたものがいる。
北海道では春から初夏。産卵後は一年で死ぬものが多いが、2年生きるものもいる。
大きさ◆10センチ前後になる
漁獲方法◆刺し網/定置網
漢字◆「公魚」、「若細魚」。
由来◆
「わか=幼・清新」+「さぎ=細魚・小魚」であり、「清新な小魚」の意。
「公魚」と書くのは江戸時代霞ヶ浦のワカサギを将軍家に献上していたため。
「公魚」と書くのは江戸時代宍道湖のワカサギが将軍家のご用魚だったため。
呼び名・方言◆島根県出雲地方では「あまさぎ」、「しらさぎ」。
「すずめうお」(千葉・静岡)、「そめぶり」(北陸)、「ちか」(東北・北海道)、「さいかち」(群馬)、「飢饉魚(? ききんうお)」(島根県松江)

釣り◆さしエサの胴つき仕掛け。山上湖などで釣る。真冬の氷上での釣りは風物詩ともなっている。
やはりうまいと思う定番の天ぷら。天つゆでも、面白いのはソース、マヨネーズでもうまい
素焼き(味付けしないで焼く)にして、味醂(みりん)、醤油(しょうゆ)のタレにつけながら焼き上げる。薬味は山椒。
霞ヶ浦周辺で作られている「煮干し」。塩ゆでして干したもので、ご飯のおかず、酒の肴などになる。昔は子供のおやつにもなった