ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

キュウリウオ(英名/Arctic smelt)

学名:Osmerus eperlanus mordax (Mitchill)

キュウリウオの形態写真

キュウリウオ科では大型で体長30センチ前後になる。口に犬歯を持っている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区側原棘鰭上目サケ目キュウリウオ科キュウリウオ属
    外国名
    英名/Arctic smelt
    学名
    Osmerus eperlanus mordax (Mitchill)
    漢字・由来
    漢字 胡瓜魚
    由来・語源 キュウリの香りがする魚の意味。
    地方名・市場名
    キュウリ。
    アイヌ語でフラルイチェブ、ヌイラ、バイカハチェヘ、アルコイ
    生息域
    海水・淡水。浅い海。
    北海道の噴火湾、太平洋沿岸、オホーツク海沿岸。朝鮮半島〜カムチャツカ、サハリン、千島列島。
    生態
    北海道の沿岸域に棲息し、春に産卵のために川を登る。
    産卵は4〜6月。
    基本情報
    主に北海道、東北で食べられているようだ。
    当地では公設市場などで焼きたてを売っていたりする。
    大型で味がいい魚ではあるが、格安である。
    水産基本情報
    市場での評価 関東にはあまり来ない。安い。
    漁法
    産地 北海道
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方


    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)
  • 主食材として「キュウリウオ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ