ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ミズクラゲ

学名:Aurelia auria (Linnaeus)

代表的な呼び名ヨツメクラゲ

ミズクラゲの形態写真

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    食用として認知されていない

    分類
    刺胞動物門鉢虫綱旗口クラゲ目ミズクラゲ科ミズクラゲ属
    外国名
    学名
    Aurelia auria (Linnaeus)
    漢字・由来
    漢字 水水母、水海月
    由来・語源 水に近いほど透明だから。くらげ」は目がないので「暗い義」とされ、これが名となった。
    地方名・市場名
    ヤッカンブートン/愛媛県伊方町大浜
    ヤッカンプートン/愛媛県伊方町大浜
    ヨツメクラゲ/岡山県笠岡市長浜
    生息域
    海水生。北海道西岸、本州から沖縄。
    生態
    基本情報
    もっとも普通に見られるクラゲ。
    鉢(傘)に4つの
    安全なクラゲとされるが三重県農林水産部資源課によると刺されると痛みが走り、赤い斑ができる。
    完治には10日ほど要したとのこと。
    発電所の排水溝が大量発生した本種にふさがれるなど問題を起こすこともしばしば。
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    参考/三重県農林水産部水産資源課、橋本歩(愛媛県八幡浜市)
    『原色検索 日本海岸動物図鑑 Ⅰ・Ⅱ』(西村三郎編著 保育社)
  • 主食材として「ミズクラゲ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ