ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヒラ(英名/Elongate ilisha, Slender shad)

学名:Llisha elongata (Bennett)

ヒラの形態写真

70センチ前後になる。非常に側扁(左右に平たい)する。受け口で、大型のニシンに見える。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区新骨亜区正新骨下区ニシン上目ニシン目ニシン科ヒラ属
    外国名
    英名/Elongate ilisha, Slender shad
    学名
    Llisha elongata (Bennett)
    漢字・由来
    漢字 平、曹白魚
    由来・語源 扁平な形態から。
    地方名・市場名
    バタ、ヘタレ、ヘータレ、ヘラ。
    生息域
    内湾生、汽水域。富山湾、大阪湾以南。中国、東南アジア、インド。
    生態
    産卵期は5から7月。
    基本情報
    西日本に多く、産卵期にはたくさんとれる。
    体長70センチ前後になる大型魚で、外見はまさにニシンそのもの。
    味のいい魚なのだが小骨が多く、ほとんどの地域で食用となっていない。
    岡山県東部の人がヒラの旨さをもっともよく知っている。
    料理法を熟知しており、岡山県では重要な食用魚で、スーパー、デパートでも普通に見られる。
    他には香川県などで食用となっている。
    水産基本情報
    市場での評価 地域により利用する、しないがある。旬は冬、ただし瀬戸内海でとれるのは晩春から初夏。岡山県など一部以外では非常に安い。
    漁法 刺し網、定置網
    産地 岡山県、香川県、熊本県、長崎県
    選び方
    体色が銀色でよく、焼けて赤くなっていないもの。目が澄んでいて、鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は冬から初夏
    産卵に瀬戸内海などに入ってくるが、産卵期の夏に近づくほど脂が落ちる。
    青魚のニシンやマイワシに近い味わい、身質で、非常に小骨が多い。
    刺身には三枚に下ろして腹骨をすきとり、約1ミリ前後の幅で切り離していく。
    塩焼き、煮つけには皮方向から中骨に向かって約1ミリ前後の幅で切れ目をいれていく。
    ヒラの刺身刺身には三枚に下ろして腹骨をすきとり、約1ミリ前後の幅で切り離していく。 塩焼き、煮つけには皮方向から中骨に向かって約1ミリ前後の幅で切れ目をいれていく。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    刺身(刺身、酢締め)、焼きもの(塩焼き、幽庵焼き)、煮もの、汁(潮汁、すまし汁、みそ汁)、唐揚げ
    ヒラの酢締め刺身(酢締め)
    岡山ではこれを三枚に卸して薄く数ミリ幅に小骨を断ち切るように皮付きのまま刺身にする。冬から春にかけて脂がのっており、甘みがあり、ニシン類に特有の旨みに満ちている。
    ヒラの塩焼き塩焼き
    二枚に下ろし、中骨のついている方は塩焼きにする。骨切りは1ミリ幅くらい、ていねいに。焼くと内側から脂がしみ出してきて、表面がかりっと揚げたようになる。
    ヒラの煮つけ煮つけ
    背の青い魚なのにほとんどクセがない。淡泊に感じられて脂があり、しっとりしたしている。味のいい卵巣とともに煮つけると、非常に美味。
    ヒラの汁
    刺身上に幅1ミリ前後に切り離したものを、汁にしてもよい。いいだしが出て、みそとの相性がいい。汁にするとうま味濃厚。おかずになる。
    唐揚げ 刺身上に切ったものに片栗粉をつけてこんがり揚げてもうまい。
    好んで食べる地域・名物料理
    岡山県、香川県。
    岡山県では刺身、酢の物、塩焼きほか様々に食べられる。また岡山県ならではの「ばらずし」には欠かせない具のひとつ。
    刺身 三枚に下ろして1〜2mm幅に小口から切る。魚屋さん、スーパーなどでも売られている。岡山県
    ヒラと竹の子の煮つけ 晩春にたくさんとれるヒラと竹の子の炊き合わせる。岡山県高梁市
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    ■ 岡山県、香川県などでは産卵に入ってきた春から初夏にサワラとともに刺し網でとる。もしくは兵庫県などでは巻き網でとる。
    ■ 瀬戸内海東部では岡山、日生、牛窓、赤穂、そして香川県東部などが春から初夏の漁場。岡山ではこの時期によく食べられる。
    ■ 中国では鹹魚(ハムユイ)という魚を塩漬けにして干したものに加工する。
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    身体は平べったいが40~50センチにもなり大振りのなら一匹から身がたっぷり身がとれる。
    岡山ではこれを三枚に卸して薄く数ミリ幅に小骨を断ち切るように皮付きのまま刺身にする。これは非常に美味。ニシン科独特の青魚の風味があるのに、これがイワシなどよりも淡々として上品。また噛みしめると脂があるのかジワリと甘味を感じる。
    また塩焼きの味も出色。これも数ミリ感覚に切れ目を入れてから香ばしく焼き上げる。
    卵巣、精巣も美味。
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『岡山の漁業』(西川太)・『岡山の魚』(青木五郎)・『岡山の味風土記』(岡長平)・『岡山ふだんの食事』(鶴藤鹿忠)(3点とも岡山文庫)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)
    ●ヒラの食習慣、漁のこと、また岡山での出回り時期などは、『岡山県水』合地さんに教わりました。得難い情報ばかりで感謝いたします。
    ●鹿児島県南さつま市笠沙 わかしおさんから
  • 主食材として「ヒラ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ