ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ハチビキ(Japanese rubyfish)

学名:Erythrocles schlegelii (Richardson, 1846)

ハチビキの形態写真

体長70cm前後になる。細長い紡錘形。全身が赤く、背の方が濃い。下あごが上あごよりも前に出ている。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ハチビキ科ハチビキ属
    外国名
    Japanese rubyfish
    学名
    Erythrocles schlegelii (Richardson, 1846)
    漢字・由来
    漢字 葉血引、端物
    由来・語源
    ■〈思うに、血引魚の形は鯔に似ていて、大きなもので二、三尺。全体は深い赤色。肉も血のような色をしている。味は美くない。それで血の色を悪んでこれを食べる人は少ない〉『和漢三才図会』(寺島良安 正徳3年/1713 東洋文庫 平凡社)
    ■和歌山県田邊での呼び名。血引は身が血のように赤いという意味。古くは単にチビキだったが、同県でヒメダイを「本チビキ」というのに対してハチビキ、ニセチビキと呼ばれてもいたので、「チビキ」をヒメダイにあて、本種に「ハチビキ」を当てた。
    ■古くはヒメダイをチビキといいハチビキは「端物」もしくは「半端なチビキ」の意味でヒメダイ(チビキ)よりも劣るという意味合い。
    地方名・市場名
    アカサバ(赤鯖)/関東、駿河湾
    チビキ/和歌山県串本町
    チョウチンマチ/沖縄県
    ホテ/三重県鳥羽市和具
    他には、アカキコイ、アカトンボ、アカヒタチ、アカムツ、シロマツ、チイキ、チビキ、ニセチビキ、ホンチビキ、マルダイ、メダイ、レンヤ。
    チョウチンマチの由来提灯まち 口は獲物を捕るときに伸びて、餌を食べてかかった魚は頭を上に上がってくるので提灯(ちょうちん)のように見える。それで沖縄ではチョウチンマチという。
    生息域
    海水魚。水深100〜300メートル。
    千葉県〜土佐湾の太平洋沿岸、宇和海、新潟県〜九州北部の日本海沿岸、琉球列島。〜パラオ海嶺、台湾、アフリカ東岸。
    生態
    産卵期は夏だと思われる。
    基本情報
    比較的温かい海域にいる大型魚。
    関東では古くから身の赤さから「赤鯖」などと読んで評価が低く、味の悪い魚だとされていた。むしろ西日本でよく食べられていたのではないか。これは実際に食べると味がいいこともあって、評価が上がってきている。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は少ない。値段は安い。
    漁法 釣り、巻き網
    主な産地 長崎県、静岡県など
    選び方
    身が硬く、目が澄んでいる。鰓が鮮紅色のもの。
    味わい
    旬は冬から夏
    鮮度落ちは遅い。大きい方がうまい。
    鱗は強いがそれほど取りにくくない。皮はしっかりしている。
    筋肉は赤く、血合いは紫色を帯びた濃い赤。熱を通すと締まる。
    頭部、あらあどからいいだしが出る。
    ハチビキのフィレハチビキのフィレ 筋肉は赤く、血合いは紫色を帯びた濃い赤。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    生食(刺身)、ソテー(バター焼き)、煮る(煮つけ)、汁(みそ汁)、焼く(塩焼き)、揚げる(唐揚げ)
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    静岡県沼津市では干物にしている。
    釣り情報
    三浦半島などからの中深場サビキ釣りでは本種も対象魚のひとつ。水深100以上の海底近くで釣れる。これを関東では「赤さば」という。サバに似ているとは思えないが、外見も身の色までもも赤い。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『原色魚類大図鑑』(安倍宗明 北隆館)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)、『魚の辞典』(能勢幸雄 東京堂出版)
  • 主食材として「ハチビキ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ