ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

コケビラメ(Branched ray flounder)

Scientific Name | Citharoides macrolepidotus Hubbs, 1915

代表的な呼び名アミガレイ

コケビラメの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長25cm前議になる。目は左側に寄っていて、体は扁平である。腹鰭は1棘5軟条、左右の皮膜は癒合していない。尾柄部に黒斑がある。尾柄部に黒斑がある。左右の皮膜は癒合していない。

コケビラメの形態写真

体長25cm前議になる。目は左側に寄っていて、体は扁平である。腹鰭は1棘5軟条、左右の皮膜は癒合していない。尾柄部に黒斑がある。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜目コケビラメ科コケビラメ属
    外国名
    Branched ray flounder
    学名
    Citharoides macrolepidotus Hubbs, 1915
    漢字・由来
    漢字 鱗鮃、鱗平目
    由来・語源 「こけ」は東京では鱗のこと。鱗を柿葺(こけらぶき)の板が作り出す模様に見立てて「こけら」といい。東京では「ら」を楽して「こけ」というようになった。鱗が目立ち、目が左にあるために「鱗の目立つ平目」の意味。
    地方名・市場名
    グラバー図譜にはカワラガレイ。
    高知で、カシベタ、サシタベ。
    以西底曳き網関係者の間でアミガレイ(網鰈)。(『福岡県福岡中央市場』福岡県福岡市長浜、大和水産)
    長崎、下関でベタガレイ。
    生息域
    海水魚。水深95〜275メートル。
    駿河湾〜九州の太平洋沿岸、兵庫県香住〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸。東シナ海大陸棚縁辺。
    朝鮮半島南岸、フィリピン諸島。
    生態
    基本情報
    主に長崎県などの以西底曳き網漁で揚がるもの。
    鮮魚として出回ることは少なく、干もの原料になることが多い。
    干ものはとても美味。
    北九州の長崎県や福岡県などでは「あみがれいの干もの」はスーパーなどにも並ぶ定番的な商材である。
    水産基本情報
    市場での評価 以西底曳き網漁では春にまとまってあがり、主に干もの原料として流通する。加工原料としては比較的高価。
    関東には駿河湾のチゴダラやトウジンに混ざって入荷してきた。駿河湾では200メートル以深に棲息しているようだ。ウロコが大きくて非常に平べったい。長崎県などでは底曳き網でまとまって水揚げされている。
    漁法 底曳き網
    主な産地 長崎県、福岡県、静岡県
    選び方
    触って硬いもの。
    味わい
    旬は不明。
    鱗は薄く取りやすい。皮はやや強く厚みがある。中骨は少し硬い。
    透明感のある白身で少し水分が多い。熱を通しても縮まない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    ソテー(ムニエル)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ、フライ)、焼く(干もの)
    コケビラメのムニエルコケビラメのムニエル 水洗いして塩コショウし、小麦粉をまぶしてじっくりとソテー。コケビラメを取りだし、ベルエシャロットを炒め、白ワインでデグラッセしてソースにする。パセリで香りづけする。身離れがよく皮がとても香ばしい。非常に美味である。
    コケビラメの煮つけコケビラメの煮つけ 頭部は複雑な形で筋肉が少ないので水洗いして切り落とす。切れ目を入れて湯通しして冷水に落としてぬめりや残った鱗などを流す。これを酒、みりん、しょうゆの味つけで煮る。味つけはお好みで。ご飯に合わせるなら甘い方がいい。
    コケビラメのフライコケビラメのフライ 水洗いして面倒だが五枚おろしにする。塩コショウして小麦粉をまぶして溶いた卵黄(全卵でも)をくぐらせてパン粉をまぶしてやや強火でかりっと揚げる。皮付きのまま揚げたが臭味などはなくとてもおいしい。
    コケビラメの唐揚げコケビラメの唐揚げ 鮮魚を使っても干ものを使ってもいい。鮮魚は水洗いしてから左右の身を観音開きにして片栗粉をまぶしてじっくりと揚げる。二度揚げすると丸ごとすべて食べることができて美味。
    コケビラメの干ものコケビラメの干もの 鱗とぬめりをとり、強めの塩水に15分ほど漬け込む。水分をよく切り、半日から1日ほど干し上げる。皮に好ましい香りがあり、身離れがよく味わい深い。焼いて解体して日本酒を振り食べると酒の肴にいい。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品

    アミガレイの干ものアミガレイの干もの 長崎県、福岡県でみられるもので、東シナ海で水揚げされたコケビラメを丸干しにしてもの。身離れがよく皮に独特の好ましい香りがある。とても味わい深い。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/福岡県福岡市長浜『大和水産』、石田拓治さん(印束商店 長崎県長崎市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「コケビラメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ