ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

コケビラメ(英名/Lyre flat fish)

学名:Citharoides macrolepidotus Hubbs

代表的な呼び名アミガレイ

コケビラメの形態写真

体長30センチ前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜目コケビラメ科コケビラメ属
    外国名
    英名/Lyre flat fish
    学名
    Citharoides macrolepidotus Hubbs
    漢字・由来
    漢字 鱗鮃、鱗平目
    由来・語源 「こけ」は東京では鱗のこと。鱗を柿葺(こけらぶき)の板が作り出す模様に見立てて「こけら」といい。東京では「ら」を楽して「こけ」というようになった。鱗が目立ち、目が左にあるために「鱗の目立つ平目」の意味。
    地方名・市場名
    グラバー図譜にはカワラガレイ。
    高知で、カシベタ、サシタベ。
    以西底曳き網関係者の間でアミガレイ(網鰈)。(『福岡県福岡中央市場』福岡県福岡市長浜、大和水産)
    長崎、下関でベタガレイ。
    生息域
    海水魚。水深95〜275メートル。
    駿河湾〜九州の太平洋沿岸、兵庫県香住〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸。東シナ海大陸棚縁辺、朝鮮半島南岸、フィリピン諸島。
    生態
    基本情報
    主に長崎県などの以西底曳き網漁で揚がるもの。
    干もの原料になることが多く、干ものは非常に美味で高価なもの。
    水産基本情報
    市場での評価 以西底曳き網漁では春にまとまってあがり、主に干もの原料として流通する。加工原料としては比較的高価。
    関東には駿河湾のチゴダラやトウジンに混ざって入荷してきた。駿河湾では200メートル以深に棲息しているようだ。ウロコが大きくて非常に平べったい。底引網のある港ではかなりの水揚げがあるようで箱で入荷したこともある。
    漁法 底曳き網
    主な産地 静岡県、福岡県
    選び方
    触って硬いもの。
    味わい
    ほとんど身がない。
    白身で旨みが少ない。
    皮、骨など丸のまま食べてこそ美味。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 唐揚げ、干物
    唐揚げ◆軽く干して唐揚げにするとなかなかおいしい。あますところなく食べられる。
    干もの◆福岡でも見られるようだが、干物にしてもとてもうまい。
    長崎県、福岡県で作られている「あみがれい」の干もの
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    網ガレイの干物●長崎県、福岡県などで「あみがれいの干もの」を比較的よく見かける。コケビラメを強く干しあげた上乾品。比較的高価。
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    協力/福岡県福岡市長浜『大和水産』
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「コケビラメ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ