ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

クロメジナ(英名/BLackfish,Nibbler,Smallscale blackfish)

学名:Girella leonina (Rchardson)

クロメジナの形態写真

70センチ前後になる。鰓ぶたの後淵が黒い。全体に細長い。尾柄(尾ビレの基部の幅が広い)

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★

    美味
    分類
    顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目メジナ科メジナ属
    外国名
    英名/BLackfish,Nibbler,Smallscale blackfish
    学名
    Girella leonina (Rchardson)
    漢字・由来
    漢字 黒目仁奈、黒眼仁奈
    由来・語源 鰓蓋の後方に黒い筋がある。全体に黒いため。
    地方名・市場名
    関東などの釣りの世界ではオナガ(尾長)、オナガメジナ(尾長めじな)、オキメジナ(沖めじな)。
    オナガグレ(尾長ぐれ)」/関西
    オキタカ/愛媛県愛南町
    タカウオ/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協
    沖縄本島、八重山でクルシチュー。
    沖縄宮古でババ。
    カマダキ、クルシチュー、クロコ、タカイオ、タカウオ、グレ、メジナ。
    生息域
    海水魚。メジナよりも沖合に多い。
    千葉県外房〜九州南岸の太平洋沿岸、九州北・西岸。
    [少ない]東北太平洋側、青森県〜島根県の日本海、琉球列島、小笠原諸島。
    生態
    産卵期は11月から12月。

    基本情報
    暖かい地域では食用魚として流通する。
    比較的安い。
    水産基本情報
    市場での評価 入荷量は少ない。冬期などはやや高値となる。
    漁法 定置網
    産地
    選び方
    触って張りのあるもの。
    味わい
    旬は夏から冬
    鱗は硬く大きい。
    透明感のある白身で、水分が少なくしまっている。
    熱を通し、冷えると硬くなる。
    臭みのある固体も希にある。
    クロメジナの刺身サククロメジナの刺身サク
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方

    クロメジナの刺身クロメジナの刺身
    クロメジナのカルパッチョクロメジナのカルパッチョ
    クロメジナの煮つけクロメジナの煮つけ


    クロメジナの唐揚げクロメジナの唐揚げ
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    関東では伊豆七島などへの遠征で60センチクラスの「尾長(おなが)」を釣るのはとても人気がある。
    外房、駿河湾、伊豆諸島の船づりでも大型が釣れる。
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
  • 主食材として「クロメジナ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ