ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

クルメザヨリ(Asian pencil halfbeak)

学名:Hyporhamphus intermedius (Cantor,1842)

クルメザヨリの形態写真

体長14cm前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    分類
    顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スメグマモルフォ系ボラ亜系ダツ目トビウオ亜目サヨリ科サヨリ属
    外国名
    Asian pencil halfbeak
    学名
    Hyporhamphus intermedius (Cantor,1842)
    漢字・由来
    漢字 久留米針魚、久留米細魚、久留米鱵
    由来・語源 不明。久留米市は筑後川の河口域にあるため、多くいたのではないか?
    地方名・市場名
    生息域
    湖沼、内湾、汽水域に生息。淡水域にも入る。表層を泳ぐ。
    青森県小川原湖と十三湖、鳥取県湖山池、宮城県名取川、茨城県霞ヶ浦、利根川水系、伊勢湾、山口県日本海沿岸、筑後川、長崎県橘湾、有明海。朝鮮半島南岸・西岸の汽水域、黄海北部、渤海、台湾北部、中国東シナ海・南シナ海沿岸、ベトナム北部。
    生態
    基本情報
    水産基本情報
    選び方
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    旧ページ内容
    古い記載が含まれている可能性があります
    2003年の秋は利根川での漁を見るために何度か千葉県小見川町に通った。そのときに張り網でとれたのがこの魚。張り網というのは川や汽水域でのいわば定置網のこと、これを見せてくれた小見川の八本さん、篠塚さんによると、利根川河口堰ができる前には刺し網などでたくさんとれたもの。さんざん煮て食べたという。
    ■2匹だけしか持ち帰らなかったので塩焼きにする。これはやや味気ないもの。こんどはたっぷり持ち帰り煮付けにしてみたい。
    参考文献・協力
    協力/北総漁業協同組合(千葉県香取市)
    『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「クルメザヨリ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ