ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ウミゾウメン

学名:Nemalion vermiculars Suringar

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★

    知っていたら達人級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    植物界紅藻植物門紅藻綱真性紅藻亜綱ウミゾウメン目ベニモヅク科ウミゾウメン属
    外国名
    学名
    Nemalion vermiculars Suringar
    漢字・由来
    漢字 海素麺、海索麺
    由来・語源 素麺(そうめん)のように細長いという意味合い。
    地方名・市場名
    生息域
    海水生。中部・北部太平洋岸。瀬戸内海、九州、本州・北海道の日本海岸。
    生態
    基本情報
    塩漬けになり流通する。
    やや高級で料理店などに出されているもの。
    水産基本情報
    市場での評価 塩漬けで流通。やや高値。
    漁法 採取
    産地 福井県、石川県、新潟県
    選び方
    味わい
    晩春から夏にかけて入荷してくる。この時期最盛期を迎えるようだ。
    太くてぬるぬるするものが新しく美味しい。
    ゆでてもあまり色は変わらない。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    料理法 ゆでる、汁
    ゆでる◆軽くゆでて酢のものにする。これが本種の基本的な料理法。ぬるぬるとして独特の食感でほんのり甘みがある。
    汁◆みそ汁、吸いものに入れてもうまい。太くて食べででがあり、麺をすすっているようでもある。
    酢の物やサラダなどになる。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
  • 主食材として「ウミゾウメン」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ