ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

イシダイ(Barred knifejaw)

学名:Oplegnathus fasciatus (Temminck and Schlegel,1844)

イシダイの生物写真一覧 (クリックで上に拡大表示)
体長50cm前後になる。典型的な鯛型。体側に黒い横縞があり、成長すると消えるかわりに口の周辺が黒くなる。[横縞はまだくっきりと残っている体長32cmの成魚]体長50cm前後になる。典型的な鯛型。体側に黒い横縞があり、成長すると消えるかわりに口の周辺が黒くなる。[横縞が消えて口の周りが黒くなった体長40cmの成魚]小型で黒い横縞がはっきりしているものを関東ではサンバソウ(三番叟 能・歌舞伎三番叟の烏帽子の柄を思わせる)。[体長12cmの若魚]

イシダイの形態写真

体長50cm前後になる。典型的な鯛型。体側に黒い横縞があり、成長すると消えるかわりに口の周辺が黒くなる。[横縞はまだくっきりと残っている体長32cmの成魚]

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★

    知っていたら通人級

    ★★★

    一般的な水産物(流通量は多くも少なくもない)

    ★★★

    美味
    分類
    硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目イシダイ科イシダイ属
    外国名
    Barred knifejaw
    学名
    Oplegnathus fasciatus (Temminck and Schlegel,1844)
    漢字・由来
    漢字 「石鯛」。
    由来・語源 イシダイは東京、神奈川での呼び名。
    「石をも噛み砕く歯を持つ魚」。
    地方名・市場名
    【古文献】
    ヒサウオ/「延喜式には〈ひさうお〉と記録されている。〈ひさ〉は〈ひす、ひし〉と同義の古い漁業用語で、海中の“磯、岩礁”と解し『磯魚』、『岩礁魚』とも言えるが、むしろ〈ひさ〉は〈いさ〉と同義語であるから、『ひさうお』→『いさうお』→『斑魚』であり、すなわち斑入りの魚、縞鯛の意とみるほうが妥当。
    【やや大型、成魚】
    コウロウ/愛媛県宇和郡愛南町
    コロ/高知県宿毛市田ノ浦すくも湾漁協
    タカバ/山形県酒田市由良漁港、石川県七尾市七尾魚市場、京都府舞鶴・宮津で大型を。
    ナナギリ/山形県酒田市由良漁港、福井県福井市福井中央魚市
    ナベ/三重県尾鷲市
    ハス/広島県広島中央市場で。、徳島県海部郡海陽町『宍喰漁業協同組合』
    モミジコウロウ/愛媛県宇和郡愛南町
    【若魚、幼魚】
    コロゲ/京都府宮津市・伊根町新井崎漁港
    サンバソウ(三番叟 能・歌舞伎三番叟の烏帽子の柄を思わせる)/小型で黒い横縞がくっきりしているものを関東では。
    シマダイ(縞鯛)/関東で小型のもの。新潟県上越市、石川県七尾市・七尾魚市場
    チイパ/京都府舞鶴
    チョウメンコロバ/小型。京都府宮津市・伊根町新井崎漁港
    チョンコロバ/小型。京都府宮津市・伊根町新井崎漁港
    ■ 成魚になると口の周りが黒くなるので、クロクチ、クログチ。
    その他、アサナベ、アサラエビ、アサラベ、アラコウ、アラコオ、イワシナベ、ウミバス、カグロ、ガダイ、カタヒラウオ、カタビラウオ、キョウゲンバコ、キンチロ。キンバチ、クロメ(黒目)、ケンスケ、コウロウ、コリイオ、コロ、サンビキ、シチノジ、シマウオ、シマゴロ、シマバス、シャ、シャノヒシャ、スサ、タカツキ、タカハ、タカバ、タカワ、タカンボ、タカンポ、チイバタコバ、チイバタゴバ、チシャ、チシャダイ、チシャダイ、ナナギリダイ、ナナシマ、ナベ、ナベダイ、ナベワリ、ハス、バス、ヒサ、ヒシャ、ヒシャダンゴウオ、ヒシャダンゴウ、マンバチ、ミツクリ、ユワシナベ、ヨウダイ、ワサラビ。
    生息域
    海水魚。日本各地。韓国、台湾、ハワイ諸島。
    浅い岩礁地帯(磯場)に生息。
    生態
    産卵期は4月〜7月。
    磯に付着する貝類、甲殻類(エビ、カニ)、棘皮動物(ウニ)などを食べる。
    基本情報
    磯釣りをする人のあこがれの的。
    釣り魚としては非常に人気がある。
    だいたいエサがサザエやウニというから釣りをすること自体にお金が掛かる。
    磯周りにいる魚はおしなべて値を上げているが、イシダイも非常に高級なものとなっている。
    まだまだ養殖ものが少ないのも値が安定して高い理由。
    イシダイのフィレ白身で血合いが美しい。熱を通すと適度に締まる。
    水産基本情報
    市場での評価 大小で価格差がある。小さいものは安い。活け、活け締めでの入荷をひんぱんに見る。量的には少なく、市場ではやや特殊なものと認識されている。値段は高値安定。キロあたり2000円(卸値)を割ることはない。
    漁法 釣り、定置網、刺し網、突き漁
    主な産地
    選び方
    鮮度落ちは遅い。触って張りがあるもので、ふっくらしているもの。鰓が鮮紅色のもの。小さくても味がいいのが特徴。
    味わい
    旬は産卵期の春から夏。
    小型のものは年中味がいい。白身で皮目に微かに磯臭さを感じるが、鮮度がよければ持ち味と思える。
    生でもしっかり硬い。
    熱を通すとよりしまる。
    アラからはいいだしが出る。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法
    生食(刺身、カルパッチョ)、塩焼き、汁(みそ汁、潮汁)、煮つけ、ポワレ、唐揚げ
    イシダイの刺身イシダイの刺身
    鮮度がいいと食感が強く、臭みは皆無。甘みと食感が口の中に広がり、旨みはほどよく続く。薄作りにしてもよい。
    イシダイのカルパッチョイシダイのカルパッチョ
    イシダイの塩焼きイシダイの塩焼き
    塩焼きにすると身が締まり、魚とは別種の食感となる。例えば鶏肉のようでもあるし、魚のようでもある。甘みがあり、香りが高い。塩焼きはまさしく絶品。
    イシダイのあら汁イシダイのあら汁
    アラは汁ものにすべきだ。特にみそとの相性が非常によい。沖縄野菜であるフーチバー(ヨモギ)、んじゃな(苦菜)などを加え、コーレーグス(島唐辛子の泡盛漬け)で。玉ネギの甘さを加えてもいい。鮮度がいいものは塩味の汁に向いている。
    イシダイの潮汁イシダイの潮汁 塩味の汁。
    煮つけ 煮ると硬く締まるのが難点だが、白身でくせのない味わいで、実に味がいい。
    イシダイのポワレイシダイのポワレ
    じっくり皮目を焼く、ポワレは非常にイシダイ向きの料理。塩コショウして小麦粉をたたかないで、オイルで焼き上げる。皮がカラカラになるくらいにする。
    好んで食べる地域・名物料理
    しまだいの煮つけ(たかばの煮つけ) 福井県では小振りのイシダイ(シマダイ、タカバ)を煮つけにする。[敦賀市、若狭市]
    加工品・名産品
    今のところ干ものしか見ていない。
    イシダイの丸干し丸干し 鰓も内臓も鱗も取らないで干ものにしたもの。[福井県三方上中郡若狭町]
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)
  • 主食材として「イシダイ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ