新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヒメエゾボラモドキ」はこちら >>
◆食べてみる◆
 エゾボラ属なのだが酒蒸しにして美味。
 当然刺身にもいい。
 一度ゆでて実を取りだして唾液腺を除去。もう一度貝にもどしてサザエの壺焼きのように作ってもいい。
参考/『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
身の取り出しかた。唾液腺の除去、刺身の作り方はここから!
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
腹足綱前鰓亜綱真腹足目エゾバイ科
ヒメエゾボラモドキ
Neptunea kuroshio Oyama in Kira,1959
他のエゾバイの仲間へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆酒蒸し/刺身/焼く
○美味
市場での評価・取り扱われ方◆相模湾、駿河湾などでは食用としているが出荷するほどとれない。値段も安い
注意◆身足の付け根、唾液腺にテトラミンという毒性分を持っている。食べるときには取り除くこと
スルガバイの基本◆
■収集の対象としての方が有名。
■専門にねらう漁がない。
■「灯台つぶ」の仲間では小型。
生息域◆房総半島沖から土佐湾に棲息する。
生態◆調べているところ
大きさ◆殻長10センチ前後になる
漁獲方法◆底曳網/カゴ漁
漢字◆「姫蝦夷法螺擬」。
由来◆ヒメエゾボラに似ているということだが、どちらかというと分類学的な種名。
呼び名・方言◆
■相模湾や駿河湾で主に「つぶ」、「つぼ」。



関連コンテンツ