新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「チョウセンボラ」はこちら >>
物知り度/★ 知っていたら学者級
市場での評価・取り扱われ方◆西部日本海での底引き網などに混ざる。関東では見かけない。
生息域◆日本海西部、東シナ海、黄海。
大きさ◆ 殻長(貝殻の高さ)10センチ前後になる
漢字◆「朝鮮法螺」。
標準和名由来◆日本海でも西部、やや沖合(朝鮮方面)でとれるためだと思われる。これに関してはお教え願いたい
呼び名・方言◆鳥取県境港(JFしまね)で「ちょうせんぼら)」。
食べ方◆ 刺身/焼き物
注意◆身足の付け根、唾液腺にテトラミンという毒性分を持っている。食べるときには取り除くこと

 市場でよく見かける「青つぶ(ヒメエゾボラ)」の日本海西部型。北海道や三陸ではくすんで黒っぽいのに、白く肩が張り、コブ状の結節列が目立つ。
◆食べてみる◆
 味わいはヒメエゾボラと変わらない。ただし大型であるので商品価値は高そうだ。身には甘味があり、色合いも美しい。他には焼きつぶ。
身の取り出しかた。唾液腺の除去、刺身の作り方はここから!
●鳥取県境港(JF しまね 島根県産)
●同定には『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)

●本サイトの無断転載、使用を禁止する
特徴/貝殻はずんぐりしたこぶし状。やや肩が張り、結節列(肩にあるコブ状の突起)が目立つ。これがときに割れて板状にヒレを作る。貝殻には縞模様がある
腹足綱前鰓亜綱真腹足目エゾバイ科 
チョウセンボラ
Neptunea (Barbitonia) arthritica cumingii
(Crosse,1862)

他のエゾバイの仲間へはここから!



関連コンテンツ