新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「アツエゾボラ」はこちら >>
物知り度/★★ 知っていたら達人級
市場での評価・取り扱われ方◆関東などの市場にも頻繁に入荷する、いわゆるBつぶ。エゾボラと比べて値段は安い
生息域◆銚子以北、北海道からベーリング海の水深100~200メートルに棲息。
大きさ◆ 殻長(貝殻の高さ)10センチ前後になる
漢字◆「厚蝦夷法螺」。
標準和名由来◆貝殻が厚いためだと思われる
呼び名・方言◆北海道白糠では「あかつぶ」
食べ方◆ 刺身/焼き物
注意◆身足の付け根、唾液腺にテトラミンという毒性分を持っている。食べるときには取り除くこと

 AでもBでもなくただ「つぶ」として入荷してくる。築地など関東ではエゾボラを単に「A」と考えて「Bつぶ」の一種であると思っているようだ。貝殻があつく歩留まりが悪い、身の色合いが黄色みがかっているのどで値が安い。
◆食べてみる◆
 貝殻が厚いので歩留まりが悪い。刺身はエゾボラ(まつぶ)に近いがやや柔らかい。また身の色合いが黄色っぽい。焼く場合は、テトラミン(食べると酔ったようになる。ただし命に関わるようなことはない)を持っているので茹でて内臓を取り去り、殻にもどして焼く。この「焼きつぶ」はいい味だ。バター焼きもいい。
身の取り出しかた。唾液腺の除去、刺身の作り方はここから!
東京での評価などは「東京のさかな」へ
寿司に関しては寿司図案へ!
●同定には『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、
『北の貝の仲間たち』(樋口滋雄)を主に使用した
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
特徴/色合い茶色、もしくは肌色。ずんぐりしていて、拳(こぶし)状、貝殻が非常に硬い。螺肋(貝殻にある筋)はほとんど目立たないが肩が張る
腹足綱前鰓亜綱真腹足目エゾバイ科 
アツエゾボラ
Neptunea heros (Gray,1850)
他のエゾバイの仲間へはここから!
本身の色はやや黄色味がかっている。ふたに近い部分も硬くなく、食べやすい。まつぶと比べても味は良い方だ。ワタは酸味が強く、ねっとり濃厚



関連コンテンツ