新コンテンツはこちら

旧コンテンツ 索引
魚類 軟体類 甲殻類 その他 水生生物
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系
カサゴ目ギンダラ科ギンダラ属

アブラボウズ
Erilepis zonifer (Lockington)
他のギンダラ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
市場での評価・取り扱われ方◆市場では油分がアタルと思われていて、表だった場所には見られない。主に銚子などから入荷してくる。値段はやや高値安定。
神奈川県小田原、静岡県などでは珍重する
生息域◆琉熊野灘から北の太平洋側、ベーリング海、中部カリフォルニア。
生態◆調べているところ
大きさ◆1.5メートルに超える
漢字◆「油坊主」
由来◆書身に非常にたくさんの脂(油)を含んでいるため。
呼び名・方言◆神奈川県小田原市では「おしつけ」。この「おしつけ」というのは御殿女中の使った女房言葉で毒見をすること。この魚は脂が多いため食中毒(下痢)をすることがあるから、〈毒見を要する魚〉の意味で呼ぶのだろう。参考/『新釈魚名考』榮川省造 青銅企画出版
食べ方◆ 煮つけ/刺身/しゃぶしゃぶ
注◆多食は厳禁

 身に多量の脂質(グリセリド)を含んでいるために多量に食べると下痢などを起こす。ただしバラムツ、アブラソコムツなどとは違って、脂そのものに原因があるものではない。食べ過ぎなければ食べても問題がない。
◆食べてみる◆
 小田原での「おしつけ」がこの魚。当地では高級魚である(画像は小田原の魚屋)。
 刺身はまったりと脂が重く甘味があって美味。ただこの脂が多いために多くは食べられない。また食べ過ぎに注意が必要だ。
 小田原では主に煮つけにする。これはとろっとして美味。
 また刺身状に切り、しゃぶしゃぶにするのもうまい。
●我がサイトではアブラボウズの良質な画像をもっていない。それで出来るだけ小さな個体を探している。分けて頂ける方はご連絡頂きたい
yobi@ZUKAN-BOUZ.COM
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
神奈川県小田原市の魚屋での光景。他には静岡県沼津市などでも好まれている。この地域ではなかなかの高級魚である
アブラボウズの煮つけは限りなくギンダラに近い。脂が多くて柔らかく、旨味がある