ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2500種以上、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

カツオ

一般的な意味での「カツオ」についてのまとめページです。
標準和名「カツオ」のページはコチラになります。

「カツオ」と呼ばれるもの一覧

印は「カツオ」ですがそれ以外はカツオの仲間ではありません。

  • イケカツオ

    海水魚。浅場から沖合の表層〜水深100メートル。 鹿児島県笠沙、琉球列島。インド・太平洋域。本州、四国、九州でも見られるが小型が多く少ない。温帯、熱帯域の海にいて、あまりまとまってとれない。 九州、沖縄などでは食用魚として流通している。 秋に脂が乗っているもので、安くて味のいい魚。 塩焼きや煮つけにしても美味であり、重・・・
    イケカツオのページへ
  • オナガシマガツオ

    海水魚。太平洋、インド洋、大西洋の熱帯域。 水深200メートルより浅場。駿河湾以南の大平洋側で棲息する魚とされるが、写真のものは新潟県能生町で漁獲されたもの。まだ日本海側での生息域はふめいなのだろうか?
    オナガシマガツオのページへ
  • カツオ

    海水魚。 日本近海、世界中の熱帯・温帯海域。日本海にはほとんどいない。当然カツオ節の「カツオ」として有名なもの。日常的に利用している魚の1つで、だしなど日本の食文化を生み出したことでも重要。 古くは鮮魚として出回ることは産地以外では希なことであった。それが江戸時代後期から刺身用(実は現在のたたき)の魚として人気に。江戸・・・
    カツオのページへ
  • シナマナガツオ

    大陸棚、砂泥地。東シナ海、南シナ海。長崎県、山口県などを基地とする以西底曳き網漁でとれるもの。 中国からの輸入ものも多い。 マナガツオに非常に似ており、上質な白身で大型になり高値がつく。 市場などにはしばしばマナガツオとして入荷してくる。
    シナマナガツオのページへ
  • シマガツオ

    海水魚。水深620より浅場にいて夜になると表層に浮き上がる。 北海道〜土佐湾の太平洋沖、北海道〜九州北岸の日本海沖、伊豆諸島、小笠原諸島、東シナ海大陸棚斜面上部域、九州〜パラオ海嶺。朝鮮半島西岸・南岸、台湾、ピーター大帝湾、北太平洋、東太平洋。北海道、三陸などで大量に水揚げされることがある。 古くから切り身などに加工さ・・・
    シマガツオのページへ
  • スマ

    海水魚。 相模湾〜屋久島の太平洋沿岸、兵庫県日本海側〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、琉球列島。インド・太平洋の温帯・熱帯域。関東の相模湾などでも揚がるが、どちらかというと静岡県以西、九州などに多い魚。 うまい魚として知る人ぞ知る存在。 近年、愛媛県、和歌山県などで養殖されるようになってきている。
    スマのページへ
  • ハガツオ

    海水魚。沿岸の表層を群れて回遊している。 北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海・太平洋沿岸、屋久島、琉球列島。インド・西太平洋域。サバ科のなかではあまり漁獲量が多くない。そのため意外に手に入らない魚のひとつ。産地などでは味のよさから好んで食べられているが、消費地では知られていない魚でもある。 ただしときにまとまって取れる・・・
    ハガツオのページへ
  • ヒラソウダ

    海水魚。沿岸の表層を回遊。 北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、北海道〜九州南岸の太平洋沿岸、屋久島、琉球列島、小笠原諸島。全世界の熱帯から温帯に棲息する。鮮度落ちが早いために主に産地周辺で食べられている。 サバ・カツオ類ではもっともうまいと言う人は多い。 刺身にしても煮ても焼いてもうまい。
    ヒラソウダのページへ
  • マナガツオ

    海水魚。南日本から東シナ海。「西にサケなし、東にマナガツオなし」などという俗諺がある。 要するにサケは東日本に多く、西日本ではほとんどとれない。 マナガツオは西日本に多く、東日本にはいない。 国内産超高級魚のひとつであるが、実は、関東などでは珍重しない。 例えば関西などではマナガツオの刺身は高級ではあっても認知度が高い・・・
    マナガツオのページへ
  • マルソウダ

    海水魚。沿岸表層群遊性。 北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸(秋に多い)、北海道〜九州南岸の太平洋沿岸(房総半島以南に多い)、屋久島、琉球列島、小笠原諸島。朝鮮半島南岸・東岸、済州島、東太平洋を除く世界中の温帯・熱帯域。そばつゆなどに使われる「そうだ節」の原料として高い需要がある。 鮮魚は産地周辺で出回るもので、消・・・
    マルソウダのページへ
  • ミナミイケカツオ

    海水魚。沿岸浅い海の表層。 沖縄島。インド〜西太平洋。本州、四国、九州でも見られるが小型が多く少ない。ミナミイケガツオとイケガツオの違いはごくわずか。体側にある斑紋がイケガツオでは2列、ミナミイケガツオでは1列なのだが、斑紋が消えてしまっていることが多い。むしろ口の大きさで見るべきか? ミナミイケガツオの方が口が小さく・・・
    ミナミイケカツオのページへ