超簡単『かきみそ鍋(かきの土手焼き)』の作り方
おいしいサイトマップへ図鑑読本目次へ市場魚貝類図鑑へ!
1 みそは2種以上。欠かせないのは三河みそ(豆味噌)。後は甘口の府中みそか白みそ、仙台みそなどを好みで合わせる。後は砂糖、みりん、酒。これをすり鉢ですりあげる
2 鍋のために用意したもの
●カキは大根おろしで汚れを落とし、軽く熱湯に通す(これは鮮度による)。
●ネギは出来るだけたくさん(このときには細い九条ネギしかなかったが一本ネギを大きめ斜め切りにした方がベスト)
●鍋に少な目の水、昆布。
●合わせみそ
3 鍋に火をつけてゆっくり沸騰させる。昆布を取りだして合わせみそを溶いていく。味見をしながら、飲んでやや辛いくらいがいい
4 カキとネギを鍋に入れて、煮上がったらみそとネギごとすくい上げて食べる。非常に酒にもご飯にもあう。また鍋に残ったみそは翌日のみそ汁に使って欲しい
 マガキをみそ仕立ての鍋で食べるのは寒の頃の無常の喜びである。やや濃厚すぎるカキの味わいに、より濃厚なみそを合わせることでくどくなるのかと思ったら程良く、またより旨さを増して味わえるのだから不思議なもの。この取り合わせを考えた先人に感謝をして食うのだ。
 さてマガキの本場、広島の名物に「かきの土手焼き」というのがある。これはマガキをみそ仕立てで食べるもので、ようするに「かきのみそ鍋」である。ちょっと違っているのは土鍋の縁近くに合わせみそをこんもりと輪にして塗りつけているところ。家庭では面倒くさいのでこんなケレンはやらない。
 単純に合わせみそを作り、具は基本的にはネギとカキだけ。まあ豆腐や芹などを入れてもいいのかな、くらいの鍋をお勧めする。
 作り方の手順は画像を追ってもらうとして。準備するものは合わせみそ(みそ2種以上、みりん、酒、砂糖)、マガキむき身、ネギ、これだけでできる。
市場魚貝類図鑑のマガキのページにはここから!



関連コンテンツ