富駿河湾の深海から
上がったばかりの
ミルクガニを
すぐに買って帰れます。
静岡県焼津・長兼丸
ミルクガニ漁
(エゾイバラガニ)
ミルクガニを買う
2004年2
月14日
目次市場魚貝類図鑑
静岡の目次へ

長兼丸が着岸すると、待ちかねたお客さんが集まってきます
後から後から到来するお客に長谷川一家は大騒動
ミルクガニは大きさで値段が違います。あまり大きさにこだわる必要はありません
このようにクーラー持参がベスト。袋も用意していますが鮮度のためにはおすすめできません
ミルクガニを買う
 港の岸壁に着いたのは10時過ぎである。地元の常連さんは、もう岸壁で待っている。
 岸壁には奥さん、息子さんが待っていて、船を固定するとすぐにここでミルクガニを売るというわけである。
 船上では長谷川さんが、ミルクガニを重さにしたがって500円、750円、1000円、1500円と分けていく。ここには少の誤差が出るが、ここはお得と我慢してもらうしかない。なしにろ船上なのだ。
「氷り、氷り」、長谷川さんは何度もお客さんに声をかける。見知らぬ人がいたら、どこまで帰るのか必ず聞いている。それによって袋にするか、発砲の箱にするか決めている。このあたりのことは常連の方はわきまえていてクーラーや発砲の箱を用意している。
 船上に山と積まれていたミルクガニは販売を開始して1時間であらかたなくなってしまった。それでも客は後をたたず、断るのが申し訳ないと、電話での注文のために取って置いたカニを出して売る。これはせっかく来てくれたお客に対して申し訳ないというだけではなく、岸壁まで足を運んでくれた人を優先したいという長谷川さんの思いでもある。当日は町田からわざわざミルクガニを目差して来た人もいた。
 完全にカニがなくなったのは11時半過ぎ。ちょうど1時間半で完売したことになる。

ミルクガニの買い方
●2004年、ミルクガニの漁は5月15日までです。
場所
長兼丸の船着き場。直接に船で販売します
販売日
土日祝日(12月まどは平日も販売します)
販売時間
11時前後(販売は11時頃から午後2時くらいまで)。帰港時間が販売開始です。詳しいことは事前に電話で問い合わせください
850g〜920g
1000円
750g〜840g
750円

帰港時間は朝の、この状況は天候漁の具合で変わります。ミルクガニを買いに来られるなら予め、電話 054-624-6605 )でお問い合わせください
●ミルクガニは大きさで、2.000円、1500円、1000円、750円となります。

現地計量で
重さ
値段
1kg以上  2.000円
930g〜990g
1500円
850g〜920g
1000円
750g〜840g
750円
その他必要経費(宅配などの場合)
荷造り手数料
100円
代引き手数料
10.000まで300円
10.000円以上400円
箱代
2匹入れ/150円、3〜5匹入れ 5匹入/250円 6匹〜10匹まで/500円
お願いと購入時の注意
クーラーなどご用意願いたい
ミルクガニを鮮度よく持ち帰るにはクーラー持参がいちばん。長兼丸では発泡スチロールなどを用意できないこともあります。できる限りクーラー(大きめのモノ)、発泡スチロールの箱をご用意ください
注意
販売場所は交通量の多い場所にあります。駐車場所や、道路の横断には注意が必要です


駿河湾の味わいは長兼丸からと、長谷川さん一家は誠意を尽くしている。
●ミルクガニ(エゾイバラガニ)の食べ方などは
市場魚貝類図鑑のエゾイバラガニへ
購入するには、
静岡県焼津市の長谷川久志さん(長兼丸)にメールにて。
E-mail/tyoukanemaru@thn.ne.jp




関連コンテンツ