新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「シマイサキ」はこちら >>
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
スズキ目スズキ亜目シマイサキ科シマイサキ属
シマイサキ
Rhyncopelate Oxyhynchus (Temminck and Schlegel)
他のヒメジ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★★ 知っていると通人級
食べ方◆刺身(洗い)/塩焼き/煮つけ
△工夫次第では美味
市場での評価・取り扱われ方◆希に市場でも見かける。ただ雑魚であり入荷してきても値段は安い。
生息域◆南日本。台湾、中国、フィリピン。
生態◆汽水域や内湾、浅い岩礁域。波のおだやかな場所に多い。
産卵期は夏。
大きさ◆30センチ前後になる。
漁獲方法◆定置網。
漢字◆「縞鶏魚」。
由来◆イサキに似て、縞文様がある。
呼び名・方言◆
鳴き声に由来する「歌歌い(うたうたい)」、「三味線(しゃみせん)」、「ぐいぐい」、「ぽっぽ」。
模様から「炭焼き(すみやき)」、「墨流し(すみながし)」、「墨引き(すみひき)」。
●詳しくはシマイサキの呼び名のページへ

釣り◆防波堤(波止)などでの釣りの対象魚。
 海流や波のあらい場所には少なくて湾内の川の河口や港の中などに多い。川の水が混じるような場所での定置網などに入る。ただし一般には雑魚として扱われる。
 またこの魚、釣り上げると「ぐーぐー」と鳴く。
◆食べてみる◆
 旬は冬から子を持ち始める夏まで。この時期の刺身はうまい。
 ときにクセがあるものに出くわすが、そんなときには洗いにする。
 三枚におろすとき決してウロコは引かないこと。ウロコつきの皮の素揚げが絶品。他には塩焼き。
 煮つけは平凡。真子は捨てがたい味。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
洗いは出来れば活けものを使いたいが、鮮度に問題有りのものでも作れる。薄切りにして一度温いお湯にくぐらせて、すぐに氷水で洗う。食べる前によく水分を除くことがコツ
水洗いするときウロコはとらない。ウロコつきで皮をとり、皮は素揚げにする。これは絶品。



関連コンテンツ