新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヨメヒメジ」はこちら >>
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目ヒメジ科ヒメジ属 ヨメヒメジ Upeneus tragula Richardson
他のヒメジ科の魚へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★
■関東の市場には希に入荷してくる。色合いからか値段は安い
生息域◆南日本以南。
大きさ◆20センチ前後になる
漢字◆「嫁比賣知」。「ひめじ」に関して参考/『魚と貝の事典』望月賢二 柏書房
「嫁緋女魚」「嫁姫魚」「嫁遊女魚」。参考/『新釈魚名考』榮川省造 青銅企画出版
由来◆調べているところ
呼び名・方言◆
調べているところ
食べ方◆ ポワレ(ムニエル)/天ぷら/干物/刺身

 ヒメジ科にはあまり大きく成らず、身に水分が多いヒメジ属と、大型になり身に水分が少ないウミヒゴイ属の2系統の食用魚がある。当然、料理法、味わいに大きな差が出る。ヒメジ属の本種などは小さいと干物などに、また大きく成長すると鮮魚として流通する。
■身に水分が多いので身は柔らかい。ただし柔らかい中に旨味があり、生でも熱を通しても美味である。いちばんうまいのは三枚に卸して、ポワレにしたもの。これが皮下に旨味があり、口に含むと独特の風味が感じられて美味。天ぷら、塩焼きにも、干物にしてもうまい。刺身にするなら皮は絶対に引いてはいけない。そのままで皮霜造りにしてこそ美味である。

●和歌山県串本市出口水産
ヨメヒメジの皮霜造り。絶対に皮を引いてはいけない



関連コンテンツ