ミナミイスズミ

ミナミイスズミの生物写真

体長50cm前後になる。背鰭軟条通常12、尻鰭軟条通常11。吻は長く尖る。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目イスズミ科イスズミ属
外国名
Waigeu drummer
学名
Kyphosus pacificus Sakai and Nakabo,2004
漢字・由来
漢字 南伊寿墨
由来・語源 より温かい海域に生息するイスズミの意。
イスズミは「いす」は「磯」もしくは「石」で、「ズミ」を「棲む」とすると磯などに生息する魚という意味。
地方名・市場名
沖縄本島でマット、マービ。
沖縄宮古でスッスババ。

概要 ▽

生息域

海水魚。島嶼性岩礁域。
伊豆諸島〜琉球列島の黒潮流域、小笠原。
西-中央太平洋。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ