ヒメアイゴ

ヒメアイゴの生物写真

体長30センチを超える。側扁形(左右に平たい)し、背鰭全部から頭にかけて斜めに暗色帯がある。背鰭(せびれ)、尻鰭(しりびれ)に毒のある鋭い棘がある。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目アイゴ亜目アイゴ科アイゴ属
外国名
英名/Bluelined spinefoot
学名
Siganus virgatus (Valenciennes)
漢字・由来
漢字 姫藍子、姫阿乙呉。
由来・語源 不明
地方名・市場名
沖縄本島ではアケー。
沖縄宮古島ではアカアイ。
沖縄八重山でアカエー。

概要 ▽

生息域

海水性。紀伊半島以南。インド・西太平洋。
内湾やサンゴ礁。

生態

藻食性。
産卵期は4月〜7月。
孵化後1ケ月で体長30ミリ前後になり、沿岸浅場に群れをなしてよせる。

基本情報

沖縄では食用魚。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

磯や防波堤などからオキアミエサで釣る。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)、『沖縄の釣り魚』(城一人 フィッシング沖縄社)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ