ゴマアイゴ

代表的な呼び名カーエー

ゴマアイゴの生物写真

50センチ前後になる。側扁し、体側にオレンジ色の斑文がある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目アイゴ亜目アイゴ科アイゴ属
外国名
英名/Rabbitfish, Rabbit-faced spinefoot
学名
Siganus guttatus (Bloch)
漢字・由来
漢字 胡麻藍子、胡麻阿乙呉。
由来・語源 胡麻(ごま)状の斑文のあるアイゴの意味。東京での呼び名。アイヌ語で棘のあるイラクサを「あい」という。ここから「あい」は棘のある、「ご」は魚を表す語尾。
地方名・市場名
沖縄本島、八重山ではカーエー。
沖縄宮古島でツンアイ、ヤドアイ。

概要 ▽

生息域

汽水・海水魚。沖縄以南。東インド・西太平洋。
汽水域で稚魚期を送り、成長すると沿岸域に移動する。

生態

産卵期は4〜10月。

基本情報

沖縄県では食用として重要で、高級魚でもある。
アイゴの仲間では大型になり、味がよいので人気がある。

水産基本情報

市場での評価 沖縄特産魚。年間を通して流通。やや高値となる。
漁法 追い込み漁、刺し網、定置網、釣り
産地 沖縄

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は梅雨から初夏。年間を通してあまり味が落ちない。
鱗は小さく包丁などで引くよりも、ブラシなどが取りやすい。
透明感のある白身で磯臭さはアイゴ類のなかでは少ない。
骨などからいいだしが出る。
真子は美味。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
まーす煮、バター焼き、刺身、真子塩焼き
ゴマアイゴのまーす煮まーす煮
沖縄の代表的な郷土料理。魚貝類を塩水により強火で短時間煮上げるもの。なかでももっとも人気が高いのがカーエー(ゴマアイゴ)である。身は緻密で身離れがよく、ほんのり甘みがある。煮汁にもたっぷりうま味が出て、名脇役の豆腐がまたうまい。
バター焼き
沖縄の比較的新しい郷土料理。ようするにバターでソテーしたもの。ムニエルのように小麦粉をまぶさないので、やや味わいが軽い。個人的には最後にしょうゆを加えるのが好み。
ゴマアイゴの刺身刺身
新しければうまいが、磯臭さは隠せない。沖縄にはこれが大好きという人もいて、わさびじょうゆではなく、酢みそで食べる。
真子塩焼き
真子は非常に良質。塩焼きにしても非常にうまい。

好んで食べる地域・名物料理

まーす煮 塩水で煮あげたもの。身離れのいいよくしまった身でほんのり磯臭さがある。煮あげた汁を身にからめながら食べる。一緒に塩煮した豆腐がうまい。

加工品・名産品

釣り情報

磯や防波堤などからオキアミエサで釣る。沖縄ではもっとも人気の高い釣り魚のひとつ。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『沖縄の釣り魚』(城一人 フィッシング沖縄社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ