ヒトスジタマガシラ

ヒトスジタマガシラの生物写真

体長40センチ前後になる。側扁(左右に平たい)し、体側に一条の暗褐色の帯がある。尾鰭の上方はヒモ状に伸びる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜科イトヨリダイ科ヨコシマタマガシラ属
外国名
英名/Yellow-streaked monocle-bream
学名
Scolopsis monogramma   (Cuvier, 1830)
漢字・由来
漢字 一条玉頭
由来・語源 体側に一条の褐色の斑文があるため。
タマガシラの語源は不明。
地方名・市場名
沖縄本島ではシラマジューマー、シラマージューマー。「しらまー」は砂地(白浜か)で「じゅーまー」はキツネウオのこと。「砂浜にいるキツネウオ」の意味。『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972)
沖縄宮古島ではスッスュミー。
沖縄八重山ではジューマー。

概要 ▽

生息域

海水魚。琉球列島以南。台湾、南シナ海、フィリピン、インドネシア、北部オーストラリア。
サンゴ礁域の20〜50メートルの砂地。

生態

基本情報

国内では沖縄の特産魚。
沖縄ならではの「まーす煮」や「煮つけ」などになる。
白身で嫌みはないが、脂が少なくあっさりしている。
沖縄らしい魚ともいえそう。

水産基本情報

市場での評価 沖縄では比較的漁獲量の多い魚。やや安値。
漁法 釣り(延縄)、追い込み網
産地 沖縄

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

体色は白く透明感があり、側面にある黒い筋がくっきりしているもの。

味わい

旬は不明。
白身でまったくクセがない。
柔らかく、火を通しても締まらない。
皮は柔らかく、鱗はやや大きい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 まーす煮(塩煮)、汁(みそ汁)、煮つけ、天ぷら、唐揚げ、フライ
まーす煮◆塩ゆですることで内側にある旨みを引き出してやる。上品すぎてそっけない味わいであるのが、内側からにじみ出た旨みと、ゆでた身の香り、やや強めの塩分によってバランスのとれた穏やかな味わいとなる。個人的な嗜好だが、ここにハンダマ(和名スイゼンジナ)の生の葉、ンジャナ(和名ホソバワダン)の苦い葉の細切りがあるとうれしい。
汁◆沖縄に「魚汁」というのがある。ようするに魚のぶつ切りの入ったみそ汁だ。ちょっと上品に過ぎる本種の場合、欠点を味噌の味わいが補ってくれる。
煮つけ◆比較的薄味に煮つけて美味。豆腐や野菜と合わせて煮てもよい。
天ぷら◆沖縄風の天ぷらは重曹の入った、いうならればフリッターのようなもの。衣が厚く、塩味がついている。一般に天ぷらとされる薄い衣のものよりも、沖縄風の天ぷらにして美味。
他には唐揚げ、フライ。
ヒトスジタマガシラのまーす煮まーす煮◆塩ゆですることで内側にある旨みを引き出してやる。上品すぎてそっけない味わいであるのが、内側からにじみ出た旨みと、ゆでた身の香り、やや強めの塩分によってバランスのとれた穏やかな味わいとなる。個人的な嗜好だが、ここにハンダマ(和名スイゼンジナ)の生の葉、ンジャナ(和名ホソバワダン)の苦い葉の細切りがあるとうれしい。

好んで食べる地域・名物料理

沖縄県

加工品・名産品

釣り情報

漁港、砂浜などからの浮き釣り、投げ釣りにくる。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『沖縄の釣り魚』(城一人 フィッシング沖縄社)、『原色 沖縄の魚』(具志堅宗弘 タイガー印刷 1972)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ