フタスジタマガシラ

フタスジタマガシラの生物写真

体長20cm前後になる。側扁(左右に平たい)し頭部から後部背に向かって二本の褐色の筋が走る。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜科イトヨリダイ科ヨコシマタマガシラ属
外国名
英名/Bridled spine-cheek,Monocle bream, Two-line monocle-bream
学名
Scolopsis bilineata (Bloch)
漢字・由来
漢字 二条玉頭、二筋玉頭
由来・語源 体側に赤い二本線があるタマガシラの意味。
タマガシラの語源は不明。
地方名・市場名
沖縄本島でアンヌマー。
沖縄宮古でトウルン。
沖縄八重山でジューマー。
沖縄でヒシムチとも。

概要 ▽

生息域

海水魚。琉球列島。台湾、南シナ海、シャム湾、インドネシア、アンダマン海、ソロモン諸島。
サンゴ礁の砂地。

生態

性転換し、雌性先熟。

基本情報

沖縄では一般的な食用魚。
小型であるために値段的には安いものらしい。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『沖縄の漁具・漁法』(沖縄県漁業振興基金  編集沖縄県水産試験場)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ