ナンヨウキンメ

ナンヨウキンメの生物写真

40センチ前後になる。キンメよりも丸みが強く、平たい。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区棘鰭上目キンメダイ系キンメダイ目キンメダイ科キンメダイ属
外国名
英名/Alfonsino, Berycoid-fish, Redfish
学名
Beryx decadactylus Cuvier
漢字・由来
漢字 南洋金目。
由来・語源 田中茂穂の命名。キンメダイよりも南方沖にいるため
地方名・市場名
ヒラキンメ(平金目)/関東の市場
イタキンメ(板金目)/関東の市場
キンメ(キンメダイ)/鹿児島県鹿児島市。キンメダイはトウキョウキンメ。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深200〜800メートル。
伊豆大島、神奈川県三崎、静岡県伊東、駿河湾、三重県宇久井、土佐湾、新潟県佐渡、五島列島南部大陸棚縁辺〜斜面域、琉球列島北部東シナ海沖、九州〜〜パラオ海嶺。韓国釜山、済州島、マリアナ諸島、ハンコック海山〜ハワイ諸島、オーストラリア南東岸、ニュージーランド、西インド洋、大西洋、地中海。

生態

■ 調べているところ。水深500メートル付近に多い。
■ 静岡県沼津市戸田の底曳網では200メートルから350メートルふきんでとれる。

基本情報

関東には静岡県下田などから冷蔵でまとまって入荷してくる。
大型のキンメダイが鮮魚でキロあたり2000円前後するのに対して、1200円前後と安い。
スーパーなどでは単にキンメダイとして売られている模様。
一度、「下田産キンメダイ」と書かれて売られていたことがある。
もともとはキンメダイよりも安い魚というものであった。
これがキンメダイの輸入が増えて、決して安い魚とはいえなくなっている。
切り身にするとキンメダイはうっすら紅色だが、ナンヨウキンメは赤味が弱い。
ナンヨウキンメの切り身キンメダイと比べると身に赤味が少なく、脂も少ない。

水産基本情報

市場での評価 ときにまとまって入荷する。値段はやや高値。
漁法 釣り、底曳き網
主な産地 静岡県、鹿児島県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って硬いもの。目が澄んでいるもの。

味わい

年間を通じて味がいい。
クセのない白身で、ほどよく繊維質でほぐれやすい。
キンメダイと比べると脂が少ない、が豊潤で豊かな味わい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
鍋、汁(潮汁、みそ汁)、煮つけ、蒸し物、塩焼き(干物)、フライ、ムニエル(ポワレ)、刺身(カルパッチョ、セビッチェ)、唐揚げ
汁気のある料理に向いている。
いいだしが出る。
寒い時期には鍋物材料として、非常に優秀。
当然、潮汁にしたり、みそ汁にしても美味。
煮つけ、蒸し物にして非常にうまい。
大型が多いことから、小型のキンメダイと比べると、圧倒的に優位に感じられる。
塩焼きにも向き、干物にして豪華なものとなる。
フライにするとびっくりするほどうまい。
ムニエル、ポワレなども絶品。
刺身になるようなものは希だが、生で食べてもいい。
キンメダイよりも脂・旨みが少なめなのでカルパッチョやセビッチェにするとよい。
他には唐揚げなど料理法を選ばない。
ナンヨウキンメの煮つけ 煮つけにすると脂分以外はキンメダイと変わらない。しっとりとして甘みがある。
ナンヨウキンメのうしお汁ナンヨウキンメのうしお汁
汁物にすると、いいだしが出て、うまい。
ナンヨウキンメの皮霜造りナンヨウキンメの皮霜造り
ナンヨウキンメの塩焼きナンヨウキンメの塩焼き
ナンヨウキンメのフライナンヨウキンメのフライ
ナンヨウキンメのポワレナンヨウキンメのポワレ

好んで食べる地域・名物料理

鹿児島県 スーパーなどに並んでいる「きんめだい」は本種であったとも。

加工品・名産品

開き干し 静岡県沼津市などで作られている。

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ