ツボダイ

ツボダイの生物写真

体長25センチ前後になる。体高が非常に高く、側扁(左右に平たい)。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目カワビシャ科ツボダイ属
外国名
Japanese armorhead、Boarfish
学名
Pentaceros japonicus Steindachner, 1883
漢字・由来
漢字 壺鯛
由来・語源 不明
地方名・市場名
インヒシャ、テングダイ

概要 ▽

生息域

海水魚。水深100メートルから950メートル。
北海道〜九州南岸の太平洋沿岸。日本海新潟県能生町、隠岐諸島、九州北岸、小笠原諸島。東シナ海大陸棚縁辺〜斜面域。九州〜パラオ海嶺北部、済州島、台湾、天皇海山、ハワイ諸島。

生態

基本情報

「つぼだい」という言葉が、加工品としてのサカリツボダイに対して頻繁に使われているために流通のプロでも本種の存在を知らない人は多い。
クサカリツボダイはミッドウェーなどでまとまってとれるのに比べると、本種は近海ではぽつぽつと揚がる程度。
ほぼ産地で消費されている模様。
稀に流通するが認知度は低く、見た目が地味なのもあり値も安い。

水産基本情報

市場での評価 希に入荷してくる。値段は知名度が低くて安い。
漁法 底曳き網、釣り
産地 鹿児島県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は不明
鱗は薄く取りやすい。頭部、胸鰭の下などは硬くて取りにくい。
鮮度がよいと透明感のある白身でかたくしまった身。鮮度が落ちると白濁する。
熱を通しても身が硬く締まらない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
塩焼き、刺身、汁(潮汁、みそ汁、鍋)、煮つけ
ツボダイの塩焼き塩焼き
脂ののったものの塩焼きは絶品。身に甘味があり皮に風味がある。身が締まらないのもいい。
刺身 生食できるものはめったに見かけないが実に美しい血合いで、味もいい。イサキに似て甘味がより強いというとわかりやすいかも。
ツボダイのみそ汁 みそ汁。鮮度のいいものを使った潮汁は実に美味である。遠洋物のイマイチ鮮度のよくないものはみそ汁が向いている。実にいいだしが出て美味しい。
ツボダイの煮つけ煮つけ
身に脂があるためか、煮つけにしても硬く締まりすぎない。身離れがよく、甘みがある。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『商用魚介名ハンドブック』(日本水産物貿易協会編 成山堂)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ