クサカリツボダイ

代表的な呼び名ツボダイ

クサカリツボダイの生物写真

体長50cm前後になる。側扁する。一見イサキに似ていて、全体が茶褐色もしくは灰色。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★★
重要
味の評価度 ★★★★★
究極の美味
分類
顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目カワビシャ科クサカリツボダイ属
外国名
英名/Pelagic armorhead, Slender armorhead
学名
Pseudopentaceros wheeleri Hardy.1983
漢字・由来
漢字 草刈壷鯛
由来・語源 和名「くさかり」は東京都水産試験場に勤務していた草刈正氏が標本を提供したことにちなんでいる。ツボダイに近い種であるために「つぼだい」がつく。
地方名・市場名
単にツボダイ。
商品名などで本ホンツボダイ(つぼだい)。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深146-500m。
千葉県外海域、八丈島、小笠原諸島、九州〜パラオ海嶺。アリューシャン列島、天皇海山、ハワイ諸島、カリフォルニア沿岸。

生態

クサカリツボダイは各海山で11月から2月の冬季に産卵し、産卵は毎年繰り返される。
稚仔魚は海山の表面付近に分布。その後、海流にのって北東太平洋の表層域に移動。
幼魚期を北東太平洋で1.5~ 2.5年ほど過ごした後、各海山海域へもどってくる。
海山で毎年産卵し、4~5年で死亡すると考えら れている。

基本情報

初めて種を鑑みて食べたのは1988年青森県。最初は東北地方の地魚だと思った。
「ツボダイ」とあったので標準和名のツボダイのことだと勘違いしてしまった。
現在でもこの混乱は流通上多々ある。
東北の遠洋漁業の産物だと知ったのは後のこと。
都内でよりも東北の方が早く干ものが流通していたのだと思う。

近海ではほとんどとれない。
遠洋漁業で揚がるもの。
漬け魚や干ものの原料として重要。
特に干ものは非常に人気が高い。
スーパーなどでは「ツボダイ」だが、近海に標準和名のツボダイがいて紛らわしい。

水産基本情報

市場での評価 ときどき冷凍魚として見かけることがある。知名度がないので安い。主に干物原料として重要なもの。
漁法 底曵網
産地 天皇海山
1967年にソ連(ロシア)のトロール船で北太平洋の天皇海山(ミッドウェーからアリューシャン列島につながる)で発見され、資源開発がなされた。日本も1969年より試験的操業を始めた。1970年代こそ2〜3万トンの水揚げをみたが、その後低調なものとなっている。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。鰓がきれいなもの。目が澄んでいるもの。

味わい

旬は不明
腹と背の鱗は薄くて弱い。胸鰭下に硬い骨鱗がある部分があり、下ろすのに邪魔になる。骨はあまり硬くはない。
透明感のある白身で脂が均等に入る。熱を通しても硬く締まらない。身離れもいい。
ほぼすべてが遠洋でとれたものなので、生食などができるものは希少。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法
刺身(新鮮なものなら)、煮つけ、塩焼き(干物)、汁(みそ汁、潮汁)、ムニエル
刺身 近海物は非常に珍しいが、冬に揚がったものは非常に脂がのり、美味であった。
煮つけ 煮ても硬く締まらず、身離れがいい。身に味があるのかことのほか美味しい。骨湯を作っても美味しい。
塩焼き 焼くと少し締まるが、それほど硬くはならない。皮に風味があり、ほどよく繊維質で美味しい。
みそ汁、潮汁にして美味。実にこくのあるだしが出て、身に甘みがある。
ムニエル ソテーしても美味しい。
クサカリツボダイの刺身 遠洋ものが多いが近海ものはは刺身になる。身に脂が細かく入り込み、白濁して軟らかい。口に含むと体温でとろけて甘い。非常に上質の刺身である。
クサカリツボダイの煮つけ煮つけ
煮ても硬く締まらず、身離れがいい。身に味があるのかことのほか美味しい。骨湯を作っても美味しい。
クサカリツボダイの塩焼き塩焼き
焼くと少し締まるが、それほど硬くはならない。皮に風味があり、ほどよく繊維質で美味しい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

干物、漬け魚(みそ漬け、粕漬けなど)
つぼだい塩蔵品 背骨を半割にして開いた塩蔵品。脂があって焼きものなどにする。[金波水産 千葉県銚子市]
つぼだいの干もの 開き干しと片身とがある。白濁しているのは脂が均質に入っているため。1980年代には東北などで普通に売られていて、近年では高級品となっている。[甲印小西商店 千葉県銚子市]

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
『おさかな通信』(水産総合研究センター 平成17年2月9日)、『第62回遠洋水産研究所談話会要旨 クサカリツボダイの資源生物学的特性について』(柳本卓)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ